2004年09月30日

節約生活のススメのレビュー


節約生活のススメ
山崎 えり子

発売日 1998/10
売り上げランキング 57,301



Amazonで詳しく見る4870313448


節約生活のススメ
山崎 えり子

発売日 2002/02
売り上げランキング 61,029



Amazonで詳しく見る4396312830


文庫版出ていたのですね・・・
私が買ったのはハードカバーのほうだったので^^;
新しく購入される方は文庫版でよろしいかと思います。

一時期ベストセラーになった(はず)でずっと読みたいと思っていて、機会が得られたので読んでみました。
読後感としては「こんな事やってらんねー」でした。
本当に『専業主婦』(最近、TVとかで見る主婦は「なんちゃって」だろうが多すぎると思う。本当に一日真剣に家事をしている主婦が何人いるのだろうと疑問を持たざるを得ない。真面目に家事やってる主婦ならダイエットとは無縁になるくらい体動かしている事になりますよ?当方男ですけど、日曜日に家事手伝うと半日でグロッキー状態になります。雑巾がけ一つとってもきちんとやれば相当エネルギー消費すると思います)やっている人でないとできないなと。
『金持ち父さん〜』的考えも私は好きなのですが、こうした節約系も私は好きです。
つまり、お金を増やす方法は2つしかないのです。
1.入ってくるお金(収入)を増やす。(←金持ち父さん〜的考え)
2.出て行くお金(支出)を減らす。(←節約系考え)

どちらにもどちらともメリットはあると思います。
相互に組み合わせればよりキャッシュフローが良くなるのではないでしょうか?
きちんとしたファイナンシャルリテラシーを身につけ、「資産」を買い収入を増やす。
きちんとした経済観念を持ち、無駄使いを減らし支出を減らす。
下の場合は必然的に省エネや環境問題も付随してきます。

内容が地についている分、金持ち〜よりは普通の人が「できそうかも・・・」と思い、実践しやすいとは思います。本当に普通の主婦でも知恵を活かせばここまで節約することが可能であると。

内容は優れているのですが、やはりおばあちゃんの知恵袋的側面は否めないし、全て明日から実践することも不可能でしょう。やっぱりこの本も参考にして、自己流に合わせて活用していくということになりそうです。

強いて、いちゃもんつけるなら節約したお金を用いて投資したほうがよりレバレッジ画効くのでは?ということです。結構前に出されている本ですし、恐らく今はファイナンシャルリテラシーも身に付けられていると思いますけど。
(この本を書くことで「印税」というキャッシュフローを産みだしている訳ですし)
これだけ、節約に頑張っていらっしゃるなら勉強する時間がないのかもしれませんね。
個人的に借金の繰越返済はあまり良い方法だとは思いません。
比較的安易なお金の正しい使い道なので、そうしてしまうのでしょうけど。
よっぽど金利が高い時に借りたのでなければ、そのままでも構わないのでは?と愚考しちゃいます。
投資のセミナーにお金払って勉強して、実際に投資したほうが倍倍ゲームでキャッシュフローが増えそうです。
何に投資するのかはその人の自由になりますけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私も勉強しないとな・・・
posted by 月夜見(けん) at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(雑学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/706612

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。