2004年09月16日

語る 大リーグ1年目の真実のレビュー


語る 大リーグ1年目の真実
松井 秀喜

発売日 2003/12/12
売り上げランキング 111,034



Amazonで詳しく見る4022578904
今日も引き続き過去に読んだ本紹介と言うことで・・・最近弛んでるかも(−−)

いきなり横道に逸れまくりますが、当ページの表示形式に大親友よりクレームが。
「見づらい」と何とも簡潔な一言。
書いてる本人は昔から比較的長文書きなのであまり意識してませんでしたが(ノートに書いていた時は1日分の日記で7ページ半とか書いたことある・・・)指摘を受けてページを見てみると確かに見づらい。
「区切りがどこかもわかりづらいし」とごもっとも。
彼のイメージもそうだし、私のイメージもそうなのですが、恐らく最初の2〜3行くらい書かれてあって、残りは
続きはこちらで・・・という表示形式になればベストなんだと思います。
前に「ココログって〜」で紹介した本を立ち読みしにまたPCショップへ(買わないのかよ!というツッコミはなしで)
あっさりと目的とするページを探すことはできたのですが、目次を読んだだけで解決しました。
「プラス/プロ」のマーク付き。
やっぱりそうなのね・・・_| ̄|○
何でもカスタムだか上級で選択すると、しょっぱなから書く場所が異なっており、序文は序文で、続きは〜は続きのところに分けて書くらしい。はぁ・・・。
ホントに制限多いよなぁ(−− あまりにもできる事限られているのも段々とストレスになってくる・・・
選択肢は2つ。
諦めて金払うかもしくは他サービスへの移行。
払うことを嫌ってるのではなく、値段あたいの価値を見出せないということ。
他にココログ使っている人は不満ないのかなぁ?アフィリエイトで消化できてるんだろうか?
そろそろレビュー以外のアフィリエイト意識した専門知識活かせるコンテンツ作り始めたほうがいいのかしら?
閑話休題。

元巨人の松井秀樹選手のメジャー1年間を通じた彼の肉声を集めた本です。
元巨人ファンだったのでもちろん彼の事はふつーに知っています。
セ・パ通じても間違いなく日本球界を代表する名スラッガーと言えるでしょう。(チームの好き嫌いは別)
結果として今の巨人を離れてメジャー行きを決定したことは個人的には本人にとって良かったことだと思うし。
最近の巨人は・・・ねぇ?ファン辞めたくなるくらいひどいからね。
選手も悪いんだろうけど。金・カネ・かね・・・。
目下話題となっている球団再編問題にしたって、オーナー側は化石の集まりだけど選手側にだって
全く問題がないとは言い切れないしね。
まっとうに試合に出ていない選手だって普通のサラリーマンよりは遥かに給料もらってるでしょ。
イチロー、松井級の超一流プレイヤーがミリオネアーであることは否定しないけど、それ以外の選手で
果たしてあれだけの給料もらう価値のある人って何人いるのかなと疑問を持たずにはいられない。
他の競技と比較しても突出してもらいすぎているでしょ?日本のプロ野球は。
日本に古くからあるプロスポーツという伝統なんだろうけどね。
明大の一場選手の裏金問題から察するに相当の額が動いているんだろうしねぇ・・・
ネット全盛期の今、プロ野球に夢を抱いている少年野球をしている子供に残酷としか表現できない
現実(すぐにわかりそうだし、実際の裏取引の全貌)を突きつけてやったらどんな風に思うのだろう?
少し、イヤかなり意地悪な想像をしてしまう。

どーも脱線気味(−−
正直特筆すべき点はなかったかなぁ。
メジャー1年目でメジャーにアジャストするのに1年近くかかったらしいってことだし。
私が読んでないだけかもしれないけど、松井選手のこういう本ってあまり見かけないから
つい手にとって読んでしまったけど。
選手としてのタイプがイチロー選手と異なるとはいえ、日本きってのホームランヒッターだった松井選手でもメジャー
では相当苦しんだというのが印象的だったかな。
もっとも、今年の活躍を見る限りでは確かにアジャストしているのは成績みれば明らかですし。
昨年よりも「らしい」打球が目に見えて増えましたからね。

もうイチロー選手ほどは応援していないけど、それでも異国の地で頑張っていらっしゃる松井選手は応援してますよー。
ファンなら買いですかね。読み応えという点ではやや物足りなく感じます。
posted by 月夜見(けん) at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(スポーツ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/629379

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。