2012年09月01日

8月に読んだ本のまとめ

2012年8月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:448ページ
ナイス数:39ナイス

■ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
2,3,1の順でようやく読んだ。2,3で片鱗あったけど、やはり栞子さんの事は好きにはなれない。どんな理由があっても本に火をつけて燃やすという行為は自分の中では容認できない。1から読み始めていたら切ってたかも。登場人物の大半はこの巻で出ているし(当たり前だが)、経緯なども知る事ができて良かった。1巻は本当のアームチェア・ディテクティブっぽかったですね。本が絡むと超人的な知識と洞察力を発揮するのは流石。古本で万単位がボンボン出てて驚きました。本物のせどりはこのクラスの書籍やり取りしないと生計立てられないですね
読了日:08月20日 著者:三上 延
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21456413

■週刊 東洋経済 2011年 7/2号 [雑誌]
BookLiveで電子書籍版読了。一部日本のランキングや数字が読めない表などがあった。日本も全面的に教育制度を見直して人材を育てていかないとこれからの時代は厳しいと再認識させられた。英語はもう必須になるし、現状では優秀な頭脳はドンドン海外の大学に流れていく。その数もこの数年では減ってきている。勢いのある新興国などは逆に増えている。私立を始め一部新しい教育が国内でも試み始めているけど、飛び級制や教える側の待遇改善など課題は山積みかな。年は重ねてしまったけど、ハングリー精神持ち続けて勉強はし続けたい。
読了日:08月20日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21456299

■英会話・ぜったい・音読 【入門編】—英語の基礎回路を作る本
ようやく1周目終了。森沢式でやっているため各Lを音読30回やらないといけないのでなかなか進まなかった(サボりも多かったし)帯にはTOEIC〜500点を対象としてあります。中1・2で使われている教科書より抜粋されています。大変ではあるけど只管朗読の凄さは少し体験している。読んだ文章は比較的きちんと聞き取れる。発音できない音は聞き取れないという真理を実感。1日15分でも良いので継続でやるのが大事。簡単に思える物でも最後までやり遂げると充実感がある。繰り返し音読、ディクテーションなどやって基礎回路作りたい
読了日:08月03日 著者:国弘 正雄,千田 潤一,久保野 雅史
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21045703


▼2012年8月の読書メーターまとめ詳細
http://book.akahoshitakuya.com/u/166976/matome

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/

読書メーターのシステムの関係で、同じ本を再読するとその分冊数もページ数もカウントされるようです。当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、自分の使い方としては蔵書管理も兼ねているので原則重複登録はしないようにしています。
ページ数・冊数共に少ないですが、英語学習をそれなりにコンスタントにやっているのもあり、必然的に読書時間も減っています。
9月中旬からは語学留学に行きますし、来年は世界一周予定と事実上開店休業に近くなるでしょうね。週刊誌の立ち読みはとっくに辞めてますし、娯楽の読書も減ってますし。
posted by 月夜見(けん) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/292374277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。