2010年04月01日

黒髪娘「そんなにじろじろ見るものではないぞ」 参

黒髪娘「そんなにじろじろ見るものではないぞ」
      漆(完)


304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 01:47:24.40 ID:KmqRKDbT0

――夜の都大路
ギィ、ギィ……
友女房「すみません。本当に色々お世話になって」
男「いや。今回のことは、俺も言い出しっぺだし」
友女房「それにしても、こんなに助けて頂けるとは」
男「乗りかかった船って云うか」
友女房「あの小豆はどうすればよろしいですか?」
男「朝にもう一回、右大臣家いくよ。
 いや、昼前が良いかな。あとは煮るんだけど、コツがあるし」
友女房「さようでございますか……」
男「自信なさそうな」
友女房「それは……まぁ。
 もちろん、この友。
 姫付きの女房としてどこへ出しても恥ずかしくない
 身だしなみを整えさせて頂きます。
 今回は男様から香油等も頂いておりますし……。
 ただ、やはり歌会ともなりますと、
 多くの方がお見えになられます。
 出席するのは10名だったとしても、
 そのお付きの数たるや数倍にもあがるでしょう。
 姫にはぶしつけな視線も突き刺さるでしょうし、
 なにか事があればその噂は宮中を駆け回ること必至」

307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 01:52:13.24 ID:KmqRKDbT0

男「……」
友女房「姫は……。どなたよりも、学問に打ち込んで
 いらっしゃったので、そのことでからかわれようものならば
 きっと癇癪を起こしてしまいます。
 その癇癪が大きな傷口になるのではないかと」
ギィ、ギィ……
男「黒髪もそんな事を云っていたけれど、
 それって本当かな。嘘……つくつもりはないんだろうけど
 間違いというか、真実ではないんじゃないかなぁ」
友女房「え?」
男「黒髪が癇癪? かっとなって?
 ……なんだか違和感がないか? 俺は信じないけどな」
友女房「でも、現に何回も何回も……」
男「違うね。絶対に違うね」
友女房「わたくしには判りません。
 男様には判るのですか? 癇癪ではないのですか?」
男「ああ。判るな。俺には……うん。身に覚えがあるもん」
友女房「どのようなことなのでしょう……」

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 01:56:35.90 ID:KmqRKDbT0

男「つまりさ。説明しずらいな……」
黒髪娘「?」
男「黒髪は、学問が好きなんだよ。
 見たろう? あの蔵書。金に飽かせて買ったモノが
 ないとは言わないけれど、殆ど黒髪が自分で筆写
 したんだぜ? どんだけ時間かかるんだよ。
 漢詩も、薬草の絵も、天文の図も。
 漢書に晋書。全部手書きだ……」
黒髪娘「はぁ……。私は無学でして……。
 詳しいことは判らないのです。
 姫がたいそうな、それこそ博士にも勝るような
 学識をお持ちなのは確信しているのですが」
男「あいつが筆写してるところ見たことある?
 星を見るために夜空をじーっと見てるところは?」
友女房「それはもう」
男「すっげぇ嬉しそうじゃなかった?
 にやにや笑ったりしてなかった?
 楽しそうだったろう」
友女房「ええ。そうですね。この友にはまったく判りませんが」
男「黒髪はさ……あー。面倒だなぁ、言葉が通じないのも。
 おたくなんだよ。勉強おたくなんだ。
 好きなんだよ、あれが。大好きなの」
友女房「は、はぁ……」

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 02:03:04.81 ID:KmqRKDbT0

男「だから、黒髪や友が云ってるのは癇癪じゃなくてさ。
 いや、もしかしたら癇癪の成分も含まれてるかも
 知れないけれど……」
男(それはさ。ほら。あれだよ。通じろよっ。
 おたくが、オフ会に行ったとき、
 テンションあがりすぎて知識自慢大会始めちゃうとか。
 語り始めるとストッパーがきかなくなっちゃって
 些細な論争が蘊蓄まみれで無制限になっちゃうとかっ。
 うっわぁ、もどかしい。
 なんでこれが伝わらないかなぁっ!
 つまりあれだよ。
 童貞がちょっと可愛い女の子の前で見栄張りすぎて
 挙動不審になっちゃうのと大差ねぇんだよっ)
友女房「どう、されました……?」
男「えー。こほんこほんっ」
友女房「お熱でもあるのですか? 頬が赤いような」
男「いや、なんでもねぇですよ?」
友女房「さようですか」
男「……黒髪は、人嫌いじゃないよ。
 “みんなに嫌われてる”と思い込んでるだけだ。
 だから歌や漢詩や学問の話が出来ると、嬉しい。
 周囲から見てると怒ってる風に見えるほど、嬉しいだけだよ」

319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 02:55:04.07 ID:KmqRKDbT0

――数日後、藤壺。早春の歌会。
友女房「大丈夫でございますか? 姫」
黒髪娘「大丈夫。これくらい」
友女房「昨晩は」
黒髪娘「練習した。男殿の注意書きも百回は読んだ」
友女房「いえ、それではお眠りは……」
黒髪娘「寝てなんかいられない」
友女房「はぁ」
黒髪娘「えっと〜気持ちを落ち着けよいとは思わなくて良い。
 自分の姿勢に気をつけて、相手のことをよく見る。
 相手をよく見て、相手の話を聞くこと。
 正しく聞くこと。相手が何を言っているかではなくて
 “何を言いたいか”を聞くこと」
友女房「男様ですか?」
黒髪娘「うむ。……そういえば、男殿は?」
友女房「流石に歌会の席にはあがれませんから。
 雑色と一緒に牛車止まりにいらっしゃると思いますが」
黒髪娘「手間を掛けさせているな」
友女房「そうお思いならば、今日の歌会を乗り切りませんと」

321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 02:59:26.24 ID:KmqRKDbT0

――藤壺の広間
藤壺の君「本日は良くおいで下さいました」
黒髪娘「お招きありがとう……ござい、ます。
 ……いままでも何度もお呼び頂いたのに
 そのたびに断って参りました。
 申し訳ありません」
藤壺の君「いえ、よろしいのですよ。
 体調が優れなければ、このような宴も楽しめません。
 全ては御身が一番大切です。黒髪の姫」
黒髪娘「でも、わたしは……」
藤壺の君「体調、そして吉凶。
 そういうことにしておきましょうよ、姫」 にこり
黒髪娘「お気遣い、ありがとうございます」
藤壺の君「面を伏せるのは、おやめになったのですね」
黒髪娘「あ、あ……。記帳越しでも、判りますか」
藤壺の君「ええ。良いことかと思います。
 今日の黒髪の姫は、いままでで一番素敵ですよ」
黒髪娘「……それは」
藤壺の君「参りましょう。本日お招きしたのは
 中納言の二の姫を始め親しい方8人ほどです。
 心案じて過ごして下さいね」

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 03:13:44.38 ID:KmqRKDbT0

からり、しず、しず
黒髪娘「お招き頂きました。
 右大臣家、尚侍を勤めまする黒髪と云います」
ひそひそひそ
 ……噂の妖憑きの姫よ。まぁ、あの格好。
 右大臣家の娘だもの、服が豪華なのは当たり前よね。
 面を伏せもせずに、醜女のくせに。
 ……あの言葉遣い、殿方のようではありませんか。
二の姫 パチンッ
 ……! ……。……。
黒髪娘「生来身体弱く、尚侍の職分も十全に果たせぬ身。
 このような席に呼ばれ皆様の不興を買うことを恐れ
 いままでは庵に閉じこもっていました。
 しかし藤壺の君のご厚情あつく、
 早春、梅の香かおる歌会に呼ばれましたので
 この身を運ばさせて頂きました。
 藤壺の君には厚くお礼申し上げさせて頂きます」
藤壺の君「本日は歌会とはいえ、ごくごく私的なもの。
 後ほどお茶なども振る舞いましょう。
 皆様で、歌を詠み、過ごして頂ければ
 私としても嬉しく思います」

324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 03:32:39.25 ID:KmqRKDbT0

しずしずしず
 雪融けてまもなき春ですが梅のつぼみほころび……
  友女房「姫、先ほどの口上はお見事でしたよ」ひそひそ
  黒髪娘「あれしきのことなら。
   それより、緊張でどうにかなりそうだ。
   胸が早打ちして血の気が引く」
  友女房「頑張って下さい」
しずしず
 本日はお招き頂きありがとうございます……
  友女房「それにしてもそうそうたる顔ぶれですね」
  黒髪娘「藤壺の君の歌会だ。招かれただけで
   宮廷雀からは一段高い扱いを受けるのだぞ。
   当たり前と云えば云えるだろう」
藤壺の君「それでは、歌の方を……そうですね」
  友女房「始まりましたね」
  黒髪娘「うむ」
  友女房「大丈夫ですか?」
  黒髪娘「漢詩が得手とはいえ、歌が不得手なわけではない。
   このような歌会ならば容易くこなせる、はずだ」

327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 03:41:00.20 ID:KmqRKDbT0

〜ゐぐひにいとどかかるしらなみ
  友女房「ど、どんな感じですか?」
  黒髪娘「みな無難な歌を詠んでいるな。
   藤壺様がやはり一枚上手というか
   艶麗な歌を詠んでいなさるが」
  友女房「大丈夫ですか?」
  黒髪娘「こちらだって無難な歌ならば
   いくらだってやりようはある。
   ここは波風をたてずにこなすのが良いだろう」
藤壺の君「では、黒髪の姫?」
黒髪娘「うむ……。私の番か。
 そうだな……。
 ――淡雪ににほへる色もあかなくに
  香さへなつかしこぼれたる梅」
藤壺の君「香りさえ懐かしい……。そうですね」
……ちゃんと詠めるではないですか。
 いやしかし一首ではまだ噂どおりの文殊の申し子とは。
 詠むには詠んだけれど、そこまで素晴らしいかしら。
 淡雪を読み込むのは色合いが素敵ですけどねっ。

328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 03:44:28.41 ID:KmqRKDbT0

藤壺の君「では……そうですね」
二の姫「私がその歌を受けましょう。

 ――梅が枝に啼きてうつろふ鶯の
 羽しらたへに淡雪の降る」
藤壺の君「おや、中納言の二の姫」 にこり
  黒髪娘「っ!?」
  友女房「ど、どうしたんですか?」
同じ淡雪を詠みこむなら二の姫様の方がよほど艶麗ですわ。
鶯の羽の白さを淡雪の降り積もる色合いと重ねるなんて
やはり人前に顔も見せることが出来ない醜女の歌とはねぇ
  黒髪娘「こちらの歌に中納言の二の姫が
   切り返してきたのだ。
   くっ。しかも淡雪の梅を重ねて見事な出来だ。
   このような才媛が居たとは……」
  友女房「どうしましょう」 おろおろ
  黒髪娘「どうしようもこうしようも
   むこうがヤる気ならばヤらない訳にはっ」
  友女房「姫様ぁ」

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 04:03:28.82 ID:KmqRKDbT0

黒髪娘「――淡雪は誰に零るとも梅の枝に
 零れてのこらじいにしえの花」
ひそひそ……ひそひそ……
  黒髪娘「この切り返しでどうだ?
   受ける太刀が有るかどうか、見せてもらおう」
零る(ふる)と零れる(こぼれる)の重ね遊びだと?
いにしへの花、は「香さへなつかし」を引くのか
……妖憑きの姫は古今万巻に通じるとは聞きましたが。
くぅ、歌がいくら上手くたって、あのように高慢なっ
二の姫「――」
(相手をよく見て、相手の話を聞くこと。
 正しく聞くこと。相手が何を言っているかではなくて
 “何を言いたいか”を聞くこと)
黒髪娘「あ……」
  友女房「ひめ、さま?」
(喧嘩したいの? 相手がそんなに嫌いなの?
 違うでしょう。相手の気持ち、見て。
 よく見ないと駄目だよ。
 自分が言いたい事じゃなくて相手に届く言葉を選んで)
黒髪娘「……済まぬ。詠み損じた。
 ――梅が……梅が香にむかしをとへば淡雪の
  こたへぬ白よ吾が袖にやどれ」

333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 04:08:38.18 ID:KmqRKDbT0

何を……詠んで?
梅の香りに昔のことを尋ねてみれば答えず
淡雪の白さもまた答えてくれず、でも、それでも
袖に留まってくれ?
なんの歌なの。それは、梅と泡雪で春の歌だけど。
でも、なんだかとても想いのこもった……。
黒髪娘「う゛。うぅう……」
  友女房「姫様。姫様真っ赤です」
  黒髪娘「恥ずかしいのだ。
   こ、このような歌っ。頼むから虐めないでくれ」
  友女房「どういう事か判りませんが……」
藤壺の君「ふふふふっ」 にこにこ
  友女房「え? え?」
二の姫「淡雪と?」
黒髪娘「その……。二の姫の、唐衣の白が。
 朧にかすみ、煙ったように美しかったゆえ……」おどおど
  友女房「へ?」
二の姫「吾が袖に?」
黒髪娘「ご、ご迷惑だろうか?」

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 04:17:23.07 ID:KmqRKDbT0

二の姫「いえ。最初から、そう願っていました」
黒髪娘「あ……」
二の姫「お友達になりましょう」 にこり
黒髪娘「感謝する」 ぱぁっ
え? え? なんで……。
答えず、なんじゃないのか? それでも……?
二の姫「歌をかわせば判りますよね。
 どれだけの歌をご存じなのか、どれだけ気持ちに
 共感されているか。
 歌の善し悪しなど、評定するものでもありますまい?
 黒髪さまの歌はどれも美しかったです」
黒髪娘「いや、それは……」
二の姫「でも、最期の歌が一番
 お心が入っていたように思います」
藤壺の君「ええ」
黒髪娘「あれは、その。とっさの……不出来なもので」
二の姫「良いではありませんか」
ひそひそ……ひそひそ……

337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 04:26:09.78 ID:KmqRKDbT0

名ばかりの尚侍が……。右大臣家の権力を笠に着て。
中納言家の二の姫とご友誼を? 信じられません。
あのような醜女、人と会うことも出来ぬ山だしでは
ありませんか。話によれば、あれは正腹とも限らぬ
そうで……
二の姫 パチンッ!!
  友女房 びくっ
二の姫「藤壺の上の歌会です。
 自ずと場の品格と云うものが求められましょう。
 付き人の恥は主の恥……そう思います」
友女房(うわぁ。二の姫も華奢な姿で
 清らかでなよやかな姫君かと思いましたが……。
 その実は悋気の激しい、清冽なお方ですのね)
黒髪娘「……」
藤壺の君「歌も一巡りしましたね?
 では、お茶のご用意などをいたしましょう。
 宇治よりのものがありまして、先日いただいたのです。
 皆様にもぜひ……」
友女房(ふぅ……。これでなんとか一息……)
黒髪娘「かたじけない」
二の姫「いいえ。わたくしの我が儘でもありますもの」

341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 04:48:12.36 ID:KmqRKDbT0

――藤壺の広間
しずしず、とぽぽぽ
  友女房(流石、藤壺の上……。
   ※女房の一人一人に至るまで洗練されていて
   流れるような給仕ですね……)
  黒髪娘「どうした? 友」
  友女房「あ、いえ。藤壺の上のところの女房さん
   達は立ち居振る舞いが洗練されていて、すごいな、と」
  黒髪娘「友が一番だ」
  友女房「――え」
  黒髪娘「友が一番すごい」
  友女房「姫様……」
藤壺の君「お茶が入りました。皆さんどうぞ?
 それから、茶菓もまた頂きまして」
友女房 ごくりっ
※女房:女性の使用人。和製メイド。下級貴族の娘や
 親戚、妾腹の娘等がなることが多かった。

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 04:51:20.34 ID:KmqRKDbT0

藤壺の君「茶菓の方は、先ほど黒髪の姫から頂きました」
黒髪娘「うむ。唐渡りの茶菓を
 当家の料理人に作らせたものだ。
 今日は梅の香会と云うことで
 梅の香りにあやかったものを用意してみた」
参加者「これは……?」
ふわり
二の姫「梅の香り、ですね」
藤壺の君「梅酒の香りでしょうか?」
友女房(男さんが作ってくれた、梅饅頭です。
 あの爽やかな甘さならば、
 きっと居並ぶ姫君の心を開かせることも叶うはず……)
黒髪娘「桐箱に入っているゆえ、開けて食べてみて欲しい」
二の姫「これは可愛らしいですね」
藤壺の君「これは、麦団子なのですか?」
黒髪娘「麦粉をねって蒸した饅頭という物だ。
 中身には、小豆の餡が入っている」
二の姫「小豆の……?」

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 07:14:09.61 ID:KmqRKDbT0

――藤壺の殿、牛車止まり
男「どうだい、それ?」
舎人「なんだこりゃ! 美味ぇぇぇ!!」
雑色「ああ、甘い。食ったこともない味だ!」
男「梅饅頭、ってんだよ。唐わたりの菓子さ」
下級女房「おいしいねぇ。すごいねぇ」
男「もう一個食えよ」
舎人「でも。んぐっ。良いのかい?」
雑色「ああ、そうだそうだ」
男「ん? なんで?」
舎人「唐渡りってことは、特別な材料が使ってあるんだろう?
 それに、こんなに綺麗に小さく作ってあって。
 俺たちみたいな下っ端に振る舞うような……」
雑色「ああ。これは、もしかしたら雲上人が食うような
 とんでもないご馳走なんじゃないのかい?」
※舎人、雑色:男の雑用係。執事、召使い、ガードマン
時に牛車の御者なども行なう運転手にも。

351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 07:21:44.19 ID:KmqRKDbT0

男「あはははっ。いいってことさ。
 確かに珍しい材料は使っちゃ居るし、
 滅多に食べられない物だけれど、
 だからといって遠慮してどうするよ。
 こいつは右大臣家、黒髪の姫の心遣い。
 寒い中で待っている舎人や雑色のみなさん
 女房の皆さんにも差し入れしてあげろってさ」
下級女房「そうなの? あ、あの……」
男「ん?」
下級女房「私の友達は、その。
 うちの姫のお付きだから、藤壺の中に……」
男「ああ。うん。わかるわかる。
 うちのほかの女房さん達もそうだ。お土産だろ?
 こっちに少しよけてある。悪いな。
 こっちに持ってきてあるのは、
 姫達が食べるのを作る時の失敗作とか、
 半端モノなんだけどさ」
舎人「とんでもない! 天竺の菓子とはこれのことかと思うぜ」
雑色「ああ、ほんとうだ。妻にも食わせてやりたいもんだよ」
下級女房「ありがとうね。雑色さん」
男「まぁ、今後とも一つ頼むよ」

353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 07:29:34.44 ID:KmqRKDbT0

――藤壺の広間
黒髪娘「梅の実と梅酒の香り付けがある。
 茶に合うと思うので、良かったら。その……
 食べて欲しい」
ひそひそ……。ひそひそ……。
二の姫「頂きますわ」
藤壺の君「ええ、もちろん」
  友女房(どうですか? どうですか、それ?)
黒髪娘「……」じぃっ
藤壺の君「これは……」
二の姫「甘い。……それに梅の香りと、爽やかさが
 なんて清々しいのでしょう!」
  友女房(やった! やりましたよ!
   これが未来の甘味の実力。いわゆる仕込みですねっ。
   さすが男さんっ。あの祖父君のお孫さんです)
黒髪娘「よかった」 ほっ
二の姫「それにしてもこれは初めて経験する甘露です」
藤壺の君「ええ。干し柿のようにとろりと甘いですが
 それよりも蜜のように心くすぐるような……」

354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 07:32:11.81 ID:KmqRKDbT0

これは……お……美味しいですわね
確かにこの蕩けるような小豆の味が……。
別にこの程度の物、あ。それはわたしのぶんでしてよっ。
唐わたりの製菓の技まで持つとは。文章博士に匹敵する
学識を持つというのもあながち……
 友女房「姫様。姫さまっ。
  ……気に入って下さったみたいですよ?」わたわた
 黒髪娘「うむ」
二の姫「雅やかな銘菓です」
藤壺の君「ええ、ありがとうございます」
黒髪娘「あ、いや……それは男ど……こほんっ。
 実を言えば、その。
 まだ余っているのだ。
 お帰りの時に持ち帰れるよう包んであるゆえ
 皆様、宜しかったらいかがだろうか?
 ……。その……。皆様方。
 わたしは、生来不調法で、このような席を避けていた」
藤壺の君「黒髪の姫……」
黒髪娘「にもかかわらずこのような席でご厚情を頂き
 感謝に堪えぬ。みな、私を悪し様に罵るのも当たり前だ。
 仕事を果たしてこれなかったし、
 今後はすこしでも出仕しなければと思っている。
 ただ、感謝の気持ちだけ、受け取って欲しい……」

359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 07:44:18.67 ID:KmqRKDbT0

――藤壺の前庭。
ざわざわ……牛車回しを……姫のお帰り……
藤壺の君「本日はおいで下さって、嬉しかったですわ。
 黒髪の姫君。美味しい、唐渡りの菓子を、ありがとう」 にこり
黒髪娘「いえ……その……。
 藤壺の上のお心遣いで、胸のつかえもとれました」
藤壺の君「取れたとすれば、それは姫の手柄でしょう?」
黒髪娘「私はこんなに癇癪持ちなのに、良くして頂いて……」
藤壺の君「寂しかっただけではないの?」
二の姫「黒髪の姫の才気は男にも負けないのですから
 そんなに背を丸めていると世を見誤りますわ」
黒髪娘「二の姫……」
二の姫「今度は私の宮にも遊びに来て下さい。
 黒髪の姫には物足りないかも知れませんが、
 古謡の歌合わせでも、お茶でもいたしましょう」
黒髪娘「ありがとう。その……。
 わたしを、きらわないでくれて」
二の姫「そのようなことを仰っては駄目ですよ」にこり

361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 07:58:46.53 ID:KmqRKDbT0

――建春門の梅の下
黒髪娘「男殿、男殿っ」
男「黒髪、そんなばたばた……おいっ」
かたっ。とっとっと……
黒髪娘「っと……。んっ。大丈夫だ。
 少し躓いただけで。
 牛車ではまだるっこしくて困る」
男「なんだなんだ。貴婦人して疲れたのか?」
黒髪娘「うむ」
男「クチ尖らせたって駄目だ」
黒髪娘「そのようなことはない」
男「ん? どした」
黒髪娘「いや、ううん」
男「なんだよ、変だなぁ」
黒髪娘「胸がいっぱいで」
男「上手く行ったのか?」
黒髪娘「全てみんなのお陰だ」

362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 08:00:53.47 ID:KmqRKDbT0

男「よかったなぁ、おい。ちゃんと歌も詠めたのか?」
黒髪娘「わっ。よ、よめた」
男「偉いな、おい」 わしゃわしゃ
黒髪娘「男殿に云われたとおり、皆の声を聞いた」
男「聞こえたか?」
黒髪娘「……聞こえた」
男「みんなに嫌われてばかりだったか?」
黒髪娘「嫌われてもいた。疎まれてもいた。
 侮られても恨まれてもいた。
 ……でも、それだけじゃなかった」
男「そっか」
黒髪娘「たぶん……おそらく、友人も。
 できたのだと……思う……」
男「予想以上の戦果だな」
黒髪娘「うん……。男殿の……おかげ……」
男「なんだよ、鼻赤くなって。泣くのか?」
黒髪娘「泣かないっ」 ふいっ

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 08:04:45.00 ID:KmqRKDbT0

黒髪娘「男殿に、その……」
男「なに?」
黒髪娘「礼をしなければならない」
男「気にするなよ」
黒髪娘「気になる。私はこれでもう大臣家の娘だ。
 明経を学んだ身でもある。礼節を逸したくはない」
男「それはそれで、めんどうだなぁ……」
黒髪娘「男殿は望まれることはないのか?」
男「んー」
黒髪娘「……」じぃ
男「望み、ねぇ……」
黒髪娘「私でかなえられる……ことは、その……
 たいしてないのだが……何か……」
男「んー」
黒髪娘「男殿……」
男(これは、その……。あれかな。フラグ、なのか?
 人生初めて過ぎてさっぱり判らんぞ……。
 どう答えりゃ良いんだ!?
 女の考えてることわからねぇぞ……)

365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 08:15:23.84 ID:KmqRKDbT0

むにっ
黒髪娘「ひゃい?」
男「いや、水くさいって云うか」
黒髪娘「られ、ほっぺらをひっふぁるのらっ」
男「……雰囲気に耐えきれなかったって云うか?」
黒髪娘「う゛うう」
男「礼かぁ。なんか考えておくよ。
 それより、祝いの方が先だろう?」
黒髪娘「りわい?」
男「今回の作戦も成功だったし。
 舎人や雑色にも恩は売ったしな。いくら貴族がサーバでも
 結局噂の流通はネットワークである女房や召使いに
 頼っているようなこの世界じゃ、下を味方につけるのは
 大きいと思うぞー」
黒髪娘「??」
男「いや。友女房とかにも世話になっただろう?」
黒髪娘 こくり
男「美味い物でも出して、ねぎらってやれ?」
黒髪娘「もりろんだ」

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 09:38:20.99 ID:KmqRKDbT0

―― 一月後、黒髪の四阿、炬燵の間
男「まだまだ炬燵が有り難いなぁ」
黒髪娘「そうだな。朝夕は特にだ」
男「それなに?」
黒髪娘「宿曜道の本だ」
男「宿曜道ってなに?」
黒髪娘「暦道と占いの混ぜたような物かな。
 僧都が学ぶ物だけど、なかなか興味深い」
男「勉強好きな」
ペラッ
黒髪娘「むぅ……。その……好きだぞ? 勉強は。
 以前みたいに、出世とか、そういうことを
 考えなくても。私が、私のままで……。
 好きだ……けっこう」
男「それでいーじゃんよ」
黒髪娘「む」
男「?」
黒髪娘「そのミカンは私の分ではないか?」
男「あ。すまん」

379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 09:44:23.04 ID:KmqRKDbT0

黒髪娘「最期の一個とっておいたのに!」
男「いや、悪い悪い。半分食うか?」
黒髪娘「当たり前だ」
男「ふふふっ」
黒髪娘「ミカンは丁寧に剥くのが……ん?」
男「いいや、なんかさ」
ぺらっ
黒髪娘「うん」
男「ずいぶん打ち解けたというか。良い感じになったよな」
黒髪娘「?」
男「黒髪もさ、表情が柔らかくなった」
黒髪娘「そのようなことはない。
 私は常に礼節には気を遣うほうだ」
男「そりゃ最初からだったけどさ」
黒髪娘「うむ」
男「いまは、結構なれてきたでしょ?」
黒髪娘「そうかな?」

380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 09:47:29.68 ID:KmqRKDbT0

男「馴れた馴れた」
黒髪娘「何か釈然としない物を感じるが」
ペラッ
男「そうか?」
黒髪娘「うむ」
男「ほら。剥けたぞ。……ほれ」
黒髪娘「ん」ぱくっ 「……美味しい。ありがとう」
男「どういたしまして」
黒髪娘「……むむむ。戌羯羅は金星にして宵を過ぐる、か」
男「難しそうだな」 むきむき
黒髪娘「夜空を彷徨う九星についてらしいのだが。
 これは明けの明星について話しているようだ。
 しゅくら、と読むのかな? 梵語は話せないから」
男「ほれ、もう一個……」
黒髪娘「ん」ぱくっ 「……ひんやりして美味しいな」
男「だよなぁ」

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 10:07:21.49 ID:KmqRKDbT0

 がたーん!
黒髪娘「?」
男「どうしたんだ」
ばたーん。どたたたたっ。
黒髪娘「なんだ、騒がしい」
友女房「姫様っ。大変ですっ」
黒髪娘「何があったのだ。友」
男「どうしたんだ?」
友女房「桐壺様のお付きの者がこちらにっ」
黒髪娘「なにゆえっ!?」
男「どうゆうこと?」
友女房「た、大変ですよ。
 どうやら今回ばかりは探索というか、
 無理矢理にでも見つけるつもりかと」
黒髪娘「いや、それどころではない。
 ほら、先月末の楽の会を」
友女房「そ、そうでしたっ」

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 10:11:43.42 ID:KmqRKDbT0

男「ちょっとまってくれよ。どういう事なんだ?」
友女房「男様っ。そうだ、男様だってまずいですよっ!」
黒髪娘「いや、今さら些末なことだっ。
 それよりまずい。まずいな……。
 私はここにいないことになってるし……」
男「どうゆう事なんだ?」
友女房「先月の歌会から、話が姫も多少は
 宮中での株が持ち直しまして」
黒髪娘「多少と云ってくれるな」
友女房「珍しいもの見たさと云いますか、
 あちこちの歌会やらお茶会からたまに声が
 かかるようになったのですよ。
 姫君も、時間が余りかからないような
 小さな会を選んで数回は顔を見せたのですが、
 中でも強烈にお招きを下さっているのが
 桐壺さまでして……」
黒髪娘「はぁぁ……」
男「それが、どうだめなんだ?」

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 10:15:11.82 ID:KmqRKDbT0

黒髪娘「桐壺様は後宮では大きな権勢を
 持っていらっしゃるのだ。
 しかしもうお歳もめしはじめていらっしゃるし
 今上帝の寵も薄れつつあるとの噂。
 要するに、藤壺の上に強烈な対抗意識を
 持っているのだ。
 私を誘うのも私自身に興味があるわけではなく、
 藤壺の上との間のもめ事に利用しようという気持ちなのだろう。
 それが面倒で、何回も断っていたのだ」
男「ふぅん。断っていたのなら別にいいんじゃね?」
黒髪娘「いや、そのぅ……」
友女房「断る時の口実が問題でして。
 姫は気鬱の病のせいで吉野の別宅へ
 静養に行っていると云うことになっているのです。
 ひと月ほどのことですが」
男「え?」
友女房「ですからここにいるのが見つかると
 非常にまずいんですよ」
黒髪娘「引きこもっていれば
 絶対にばれないと思ったんだが……」

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 10:18:45.20 ID:KmqRKDbT0

男「どうしてそういう隙だらけの作戦を立てるっ」
黒髪娘「う゛。し、しかしっ。
 この庵を留守にすると、男殿の長びつが
 無防備になってしまうではないか」
男「連絡しておいてくれるなりすれば、そんなのさ」
友女房「す、すみませんっ。お二方。
 いまは火急の時ですので、どうかご容赦をっ」
黒髪娘「そうだな。えっと、その使いの者は
 どれくらいでこちらにくるのか?」
友女房「おそらく、半時もかからぬうちに」
黒髪娘「ではいまから牛車を仕立てても……」
友女房「ええ、絶対ばれてしまいますね」
黒髪娘「くっ……。何か手はないのか」
友女房「いっそ、女房の服で夕闇に紛れ……」
黒髪娘「しかしそれで実家へ帰ろうと、
 実家の方も張られている公算が高い。
 どうも私に疑いを持って確認に来ているようだし」
男「……あー。んぅ……なんだ。
 ひとつばかり、一応思案があると云えば……あるんだが」

390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 10:30:50.69 ID:KmqRKDbT0

――祖父の田舎屋
がたがたっ。どてっ。
黒髪娘「っくぅっ」
男「大丈夫か?」
黒髪娘「かたじけない。男殿。……風の香が」
男「やっぱ違うよな」
黒髪娘「ここは……」
男「話しただろう。爺ちゃん家の納戸だ」
黒髪娘「そうか。ん……」
男「足とか、平気か? 捻ってないか?」
黒髪娘「大丈夫のようだ。いまは何時頃なのだろう?
 表はほのかに明るいようだが、夜明け前だろうか?」
男「いや」すちゃっ 「――殆ど真夜中だな」
黒髪娘「あの白い灯りは?」
男「水銀灯だよ。防犯のために、夜を照らしている」
黒髪娘「そうか……。本当に、別の世界なのだな」
男「まぁ、気楽にしてよ。ようこそ、二十一世紀へ」

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 10:40:03.65 ID:KmqRKDbT0

――男の実家
姉「どーしたのよ、あんた。こんな時間に」
男「しーっ。声、でかい姉ちゃん」
姉「なんなの? 父さんの出張に母さんも
くっついてっちゃったから誰もいないわよ?」
男「そっか、なら、まぁ。いいけど」
姉「どうしたのよ? こんな夜中に? 犯罪?」
男「いや、ちげぇって」
姉「むー。たいした用事じゃないんだったら老後にしてよ。
 あたし年金生活になったら暇になる予定だから」
男「姉ちゃんを見込んでたのみがあるんだ」
姉「金なら借りたい位よ?」
男「ちがうって、その……さ。
 いや、なんて云えばいいかな。そのぅ……。
 決して問題がある事情って訳じゃないんだけど」
そぉ
黒髪娘 ぺこりっ

395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 10:53:58.80 ID:KmqRKDbT0

姉「かっ!」
黒髪娘 びくっ
姉「可愛い〜♪ わ。わ。なにこれ! まじ!?」
ぎゅむっぎゅむぅぅぅ〜!!
黒髪娘「!?」
男「いや、姉ちゃん。ごめん、そいつ死んじゃうから」
姉「なによ。ははぁん。これがあれ? 例の。
 難易度SSの女子中学生?」
男「まぁ……そうなる……かな」
姉「可愛いわねぇ。すっごいちいさいのっ。
 それに何これ、こんなに長い黒髪とかっ。
 あんたどんだけフェチはいってるのよっ!?
 いっやぁ。フィギュア買う程度かと思ってたけど
 この姉ちゃんもおそれいったわ! いやぁ参った!!」
男「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 11:02:32.32 ID:KmqRKDbT0

――男の実家、居間
姉「やぁ。ごめんね。あたし、こいつの姉。
 この家に一緒に住んでる。
 まぁ、こいつはいまは半分くらい爺ちゃんの家に
 寝泊まりしてるんだけどねー」
黒髪娘「お初にお目にかかります。
 わたしは黒髪ともうします。
 弟御にはいつもいつもお世話になっています。
 その恩を返す事も出来ずこのように
 尋ねてきてしまいましたが
 どうかお見知りおき下さい……」 おずおず
男「あー」 おろおろ
姉「ちょ……ごめ……」 ぐいっ
黒髪娘「?」
  姉「ちょっとあんた、あたしを萌え殺す気?
   鼻血でそうじゃない、あの態度。
   髪の毛サラサラで卵肌に潤んだ瞳よ。
   なんであんなに奥ゆかしくて清楚なのよ!?
   あれ絶滅危惧種だから。大和撫子だから。
   お姉ちゃんの物にするから」
  男「なんでそこでそうなるっ」
黒髪娘「あの……。こんな夜分に、本当にご迷惑を」

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 11:09:27.33 ID:KmqRKDbT0

姉「いや、迷惑なんかじゃないですから」くるっ
黒髪娘「そう……ですか?」
男「お茶、煎れようか」
姉「ああ、さっさと煎れてくるように」
男「わかったよ」
姉「黒髪ちゃんか。ん、素敵な名前だね」
黒髪娘「ありがとうございます」
姉(ふぅん……。男のTシャツにカーゴパンツ、ねぇ。
 どこで着せたのか。“着る物もなかった”のか……。
 やっぱり訳ありの“難しい娘”ってやつなのねぇ)
黒髪娘「どうされました?」
姉「ううん。なんでもないよ」
男「おー。茶を入れたぞ」
姉「どうぞ、温かいよ」
黒髪娘「はい」
姉「ハイとか言って。すげぇ清楚だよ。撫子だよっ」
男「興奮するなよ。姉ちゃん」

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 11:15:36.82 ID:KmqRKDbT0

姉「で、弟はお姉ちゃんになんのお願い有るのかな」
男「まぁ、幾つかあるんだけどさ。
 まずはこの黒髪を風呂入れてやって欲しいんだ。
 こいつ、多分こっちのことは相当に疎いから」
姉「ふぅん。……聞かない方が良い?」
男「事情は聞かないでくれれば助かる。
 そうだなぁ……帰国子女だと思ってもらって間違いない」
姉「いいよ。それくらい」
男「それから着る物なんだけどさ。
 適当な女物見繕ってやってくれるかなぁ」
姉「んー。あたしの古着って訳にもいかないよね」
男「バイト代入ってるから、出せる」
姉「夜が明けたら買いに行くとかで良いの?」
男「うん」
姉「一応聞いておくけどさ。しばらく一緒に住むつもり?」
男「爺ちゃんの家でな。大丈夫。五日間だけだし
 姉ちゃんがおもってるような悪いことはなんにもないし
 俺も、そんな事するつもりはないから」

446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 19:10:18.23 ID:KmqRKDbT0

――夜中のバスルーム
姉「さ、脱いだ脱いだ」
黒髪娘「あ、いえっ。その。うわぁ」
姉「ん? ん? やっぱりちょっと小さめね」
黒髪娘「ううう。このように明るいところで。
 まるで昼間のような灯りではないか……ですか」
姉「そりゃお風呂だもん。寝室みたいに
 暗くするわけにもいかないでしょ。……恥ずかしい?」
黒髪娘「恥ずかしく……ありますが」
姉「大丈夫大丈夫。気を楽に」
黒髪娘「……う゛ぅぅ」
姉(それにしても、このうっすらあばらの浮いた
 細っこい身体とか。そのくせ膨らんじゃってる胸とかっ。
 その身体に絡みつく滑らかな黒髪とかっ!!
 弟、あんた趣味よすぎっ)
黒髪娘「その……」
姉「ん?」
黒髪娘「私はどこか変か……ですか?」

449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 19:12:58.54 ID:KmqRKDbT0

姉「いやいや。綺麗なものだよ」
黒髪娘「そうですか」 ほっ
姉「ほら、こっちきて。流すから」
黒髪娘「あっ……」
姉「熱かった?」
黒髪娘「いえ、温かいです」
姉「おっけーおっけー」
黒髪娘(こんなに明るくて、夜中に誰の助けも
 借りることなく湯殿に湯を用意させられる……。
 男殿の家は貴族なのか? それともこの世界では
 全ての人々がこうなのだろうか……)
姉「ん。まずは暖まろうか。髪の毛はまとめちゃおうね」
黒髪娘「まとめる?」
姉「うん、束ねて、結おう。大丈夫後で綺麗に洗って上げる」
黒髪娘「お手数をおかけします」
姉「ううん。こんなに綺麗だもの。触っていて楽しいよ」
黒髪娘「そうですか?」 かぁっ
姉「これは、宝物だね」
黒髪娘「はい……」

451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 19:19:08.12 ID:KmqRKDbT0

姉「熱くない?」
黒髪娘「心地良い……です」
姉「んー。堅いかな−。もっと砕けた口調でも良いんだよ?」
黒髪娘「う、う……む」 かぁっ
姉「ふふふっ」
ざっぱぁ〜
黒髪娘「姉御殿は子細を詮索せぬのだ……ですね」
姉「まぁね」
黒髪娘「……」
姉「あのばか弟が内緒だっつーんだから内緒なんでしょうよ」
黒髪娘「弟御を信用なさっておいでだ」
姉「あはははは。信用じゃないんだってさ」ははっ
黒髪娘「?」

452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 19:23:40.58 ID:KmqRKDbT0

姉「あれはねぇ、へたれだからね。
 へたれが昂じてDTだからね〜」
黒髪娘「??」
姉「まぁ、その分大事なものは判るでしょうよ。
 人の大事な物に口出しするのは
 無粋って。ただそれだけよ」
黒髪娘「無粋、ですか」
姉「おやおや。真っ赤だ」
黒髪娘「はい」 にこっ
姉「ゆだったかなぁ。おいで。髪の毛洗おう?」
黒髪娘「はい、姉御殿」
姉(む。……良いわぁぁ。
 この腕の中にすっぽり収まる華奢な身体。
 まじで鼻血物だわ、さすが難易度SS!)
黒髪娘「どうされました?」
姉「いえいえ。さ、座って」
黒髪娘 ちょこん

457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 19:40:44.64 ID:KmqRKDbT0

――男の実家、男の自室
かちゃ……
黒髪娘「……湯浴みからあがった」
男「ん。そか」
黒髪娘「その、服を、貸してもらった」おろおろ
男「どうした? 入れば? 廊下寒いだろう」
黒髪娘「湯浴み上がりで寒くはないのだが。
 ……服が落ち着かない」
男「どうした……う」
黒髪娘「変か? やはり変なのだな? 薄物だし」
男(なんで素肌ワイシャツなんだよ……!?
 ね、姉ちゃん。あんた何考えてるんだっ)
黒髪娘「寝具に入れてもらうと良いと」
男「あ。ああ。ほら、ベッド使って良いぞ」
黒髪娘「べっど……」
男「この台だ。布団ひいてあっから」

462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 19:45:16.56 ID:KmqRKDbT0

もそもそ
黒髪娘「男殿は眠らぬのか?」
男「あー。うん」
黒髪娘「それでは寒かろう?」
男「気にするな」
黒髪娘「この寝具は男殿のものではないのか?」
男「うん、そうだ。……悪いな、そんなので」
黒髪娘「いや……これが良い」 すりっ
男「そっか」
黒髪娘「温かくて、良い香りだ」
男「そうかぁ?」
黒髪娘「先ほど、姉御殿にしゃんぱうをして頂いた。
 桃の香りなのだ。桃の湯で洗うとは驚いた」
男「ああ」(そっちの匂いか。びびった)
黒髪娘「ほら、男殿」
男「?」

464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 19:52:49.03 ID:KmqRKDbT0

男「どうした?」
黒髪娘「桃の香なのだ。そうであろう?」 くいっくいっ
男「ああ。うん、そうだな」
黒髪娘「姉御殿は優しくしてくれたし、褒めてくれた」
男「そうか」
黒髪娘「この髪を褒めてくれたのだ」
男「ああ、立派な髪だ。
 ……こっちでは、そこまで長い黒髪は珍しいんだよ。
 女でもあちこち出掛ける時代だから。
 長い髪は動くには不便だろう?」
黒髪娘「わたしも切った方が良いだろうか?」
男「もったいないよ」
黒髪娘「そうか。……そうだな。
 私の女としての麗質の、殆ど唯一だし」 ごにょごにょ
男「肩まで布団に入らないと寒いぞ」
黒髪娘「でも、男殿と話していたいのだ」

465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 19:59:57.34 ID:KmqRKDbT0

男(やばいな。……なんか、こっち来てから
 可愛らしさが二倍に見える。
 やっぱり平安時代の明かりやら服装じゃ
 こっちからみたら駄目コスプレだもんなぁ。
 普通<現代風>の格好してたら美少女じゃんよ。
 犯罪だろ、これは)
黒髪娘「どうされた?」
男「いや、なんでもない」
黒髪娘「全てが明るい。……闇がないのだな」
男「うん、便利さを追い求めた結果だな」
黒髪娘「なんだか……とても恥ずかしかった」
男「明るかったからか?」
黒髪娘「それもあるが、姉御殿が男殿の姉御だと
 おもうと、その……とつぎ先のようで。
 ううう……姉御殿には嫌われたくないので」
男「ん? うちの姉ちゃんはそんなに簡単に
 人を嫌ったりはしないよ。ああ見えて度量はあるから」
黒髪娘「そうでもあろうが……。そうだ。
 男殿も寒そうではないか、この寝具に」
男「それはダメ」
黒髪娘「そうすれば話しやすいのに」

467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 20:03:39.66 ID:KmqRKDbT0

男「良いから寝ちゃえ」
黒髪娘「男殿……は?」
男「俺はちゃんと毛布とか有るし、
 暖房もあるし、平気なの。ちゃんとここにいるから」
黒髪娘「ん……」ほっ
男(やっぱ、一人で放り出されるのは、怖いよな……)
黒髪娘「この寝具は……温かいな……」
男「だな」
黒髪娘「……すぅ」
男「……」
黒髪娘「……すぅ……くぅ」
男(前髪、細いな……。額にかかって……)」
黒髪娘「んぅ……」
男(眠るとこんなに子供みたいな顔で……)

472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 20:33:18.36 ID:KmqRKDbT0

――男の自室、遅い朝
男「……んぅ」
黒髪娘「すぅ……すぅぅ……」
男「……なんで。こっちにいる?」
黒髪娘「すぅ……くぅ……」 きゅ
男(落ち着け……おれ!!
 多分寝ぼけて、じゃなきゃ心細くて
 ベッドから俺の布団に来たんだろうけど……。
 それにしたって、裸ワイシャツ薄すぎだろっ!
 相手は十二単での生活だったんだぞ。
 こっちが馴れてないのに〜っ)
黒髪娘 もぞもぞ「あ……んぅ……」
男「おはよう」
黒髪娘「おはよう……男殿」
男「肩、抜かせてな」 そぉっ
黒髪娘「んぅ……温かい……」
男「はいはい。もうちょっと寝てて良いから」
黒髪娘「感謝する……すぅ……」
男(心臓にわるい……)

474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 20:39:54.95 ID:KmqRKDbT0

黒髪娘「んぅ……おはよう、ございま……」
黒髪娘「……うぅ。……ん」 ぽやぁ
黒髪娘「友……? 友、手水を……。あ」
 (そうか。私は……。男殿の世界に)
かちゃ
男「ああ、目が覚めたか?
 ずいぶんしっかり寝ちゃったな。
 もう昼前みたいだぞ」
黒髪娘「そうか。あの……。
 布団を奪ってしまったか? すまない」
男「ああ、気にするな。おなかすいたか?
 姉ちゃんはもう出掛けた。手紙残ってた。
 服を調達に云ってくれたみたいだ。
 行儀悪いけれど、もうちょっと俺の服で過ごしてくれ。
 夕方前には戻ってくるよ」
黒髪娘「色々お手数を掛ける」
男「任せとけ」
黒髪娘「うむ」
男「飯にしようか」

478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 20:46:24.08 ID:KmqRKDbT0

――男の実家、ダイニングキッチン
黒髪娘「これは……」
男「えーっと。パンと目玉焼きと、ジャムと。
 クラムチャウダーなんだけど……」
黒髪娘「未来の料理か」
男「まぁ、そうなる」
黒髪娘 どきどき
男「知的好奇心100%の表情だな」
黒髪娘「食べてみたい」
男「もちろん。どうぞ。……んじゃ頂きます」
黒髪娘「頂きます」
かちゃ、ちゃ……
男「どう?」
黒髪娘「うむ。この汁物は……貝か。
 何ともいえぬ豊かな味わいだ!」 にこっ
男「良かった」

482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 20:52:12.55 ID:KmqRKDbT0

黒髪娘「このパンなるものの柔らかきこと……」はむっ
男「気に入ったみたいで良かったよ」
黒髪娘「朝からこのような馳走をいただいている。
 感謝としか言いようがない」
男「ん?」
黒髪娘 もたもた
男「ああ。ジャム塗るよ」
黒髪娘「これは、塗る物なのか?」
男「そう。パン貸してね。……こうやって、こう」
黒髪娘「ふむ」
男「わかった?」
黒髪娘「理解した。……それにしても」
かちゃ、ちゃ
黒髪娘「何もかも手間を掛けさせることばかりだ。
 申し訳なくて、消え入りたくなる」
男「なんだそんなことか。俺が向こうに行ってた時は
 俺の方が世話になっていたじゃないか。おあいこ様だよ」

483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 20:56:47.62 ID:KmqRKDbT0

黒髪娘「そうであってくれれば良いのだが」
男「気にすることはないって」
黒髪娘「ん。これは! この味覚は!」
男「だめだった? うちは姉ちゃんの方針で
 イチゴジャム禁止なんだわ」
黒髪娘「それは判らぬが、これはミカンか。
 なんと爽やかで、甘く、芳醇な味わいだろう!」 ぱぁっ
男「気に入ったか」
黒髪娘「うむ。これは美味しい! 大変美味しい!」
男「あはははっ。いいから、ちょっと拭け」 くすくす
黒髪娘「む?」
男「ほら、口だして」 きゅっ
黒髪娘「これははしたないところを見せた」
男「いや、良いよ。くはははっ」

485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 21:04:10.57 ID:KmqRKDbT0

がちゃん
姉「あ、ご飯中?」
黒髪娘「姉御殿」
男「お帰り、姉ちゃん。早かったね」
姉「まぁね。朝早めから行ってきたし」
黒髪娘「ど、どうぞ。こちらへ」
姉「ありがとうねぇ、黒髪ちゃんっ」むぎゅん
黒髪娘「うう」
男「姉ちゃんも何か食うか?」
姉「あたしテキサスマックバーガー食べてきたから」
男「そっか。じゃ、何か入れるよ」
姉「紅茶が良いな」
男「ほいほい」
姉「〜♪」
黒髪娘「どうしたのですか?」
姉「いやいや。美少女と一緒のランチは目の保養ですよ」
黒髪娘「??」

497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/21(木) 21:24:12.97 ID:KmqRKDbT0

コトン
男「ほいよ、紅茶だぞ」
姉「さんきゅー!」
男「黒髪のも入れるな。これは、紅い茶なんだ。
 甘くして飲んだりする」
黒髪娘「いただき……ます」
男「姉ちゃんの前だと大人しいのな」
姉「気にすること無いのに」
黒髪娘「そんな事はない……です」じっ
男「ぷくくっ」
姉「まぁ、食事の後は着せ替えね! 自信作だからっ」
男「なんか色々思いやられる」
黒髪娘「お世話になります」
姉「くぁ! 可愛いっ!」
黒髪娘「うう」
男「晩飯はどうしよっか?」
姉「あ。鍋にする。弟が作って」
男「ほいほい。飯の後、爺ちゃん家へ移動すっから」

転載元
黒髪娘「そんなにじろじろ見るものではないぞ」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263845870/
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1264236955/

※誤字や内容でおかしい部分は独自の判断で修正させて頂いています

黒髪娘「そんなにじろじろ見るものではないぞ」
      漆(完)
posted by 月夜見(けん) at 12:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。