2010年03月30日

黒髪娘「そんなにじろじろ見るものではないぞ」 弐

黒髪娘「そんなにじろじろ見るものではないぞ」
      漆(完)


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 02:02:08.66 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「とにかくっ。
 最期は一気に燃え上がるのが
 基本であり完成度の高い恋の形であると云うことになっている。
 会えなければ会えないほど
 あなたの顔が浮かんで恋い焦がれる……とか。
 そういう世界の話……らしい。
 わたしなど、会ったこともない相手の顔が浮かんでくるなど
 酒にでも酔って居るのではないかと思うのだけれど」

男「あはははっ」

黒髪娘「笑わないでくれ。
 まぁ、そんな事情だから、本当はそこまで姿形や容姿が
 重要なわけではないのだ」

男「そうだよなぁ。容姿にびっくりした時って、
 要するに手遅れなんだろ? あははっ」

黒髪娘「うむ」 きゅ、きゅっ

男「そんで?」

黒髪娘「だから、要は文のやりとりの中で、
 相手が望むような線が細くて弱々しい、
 でも一身に相手に恋い焦がれるような女性を演じられれば
 それは“美人”といっても良いかと思う」

男「ああー。うん。納得したぜ」
 (つか、それってネット美人とかネカマの論理じゃね?)120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 02:10:42.99 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「でも、ほら。私は性格も不器用だから」
男「……」

黒髪娘「相手を騙すような歌は、読めない」
男「歌は得意だろう?
 あれだって学問の大きな分野だって聞いたぜ?」

黒髪娘「嘘をつくのは苦手だ。
 嘘をつけるくらいなら、きっと引きこもりなんてやってない」
男「――そっか」

黒髪娘「でも、この世界では、恋は嘘を基本にしてる。
 最初から相手はこうだと決めてかからないとだめなんだ」

きゅ、きゅっ

男「……」

黒髪娘「反対」
男「?」

黒髪娘「反対の手もしよう」
男「え? あ。すごい! 手が軽くなった!」ぶんぶんっ

黒髪娘「そうであろう?」 にこっ


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 02:17:21.25 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「……」 きゅぅ、きゅぅっ

男(こんな風にしてるところなんて、
 すごく可愛い和風美少女なのになぁ……)

黒髪娘「そちらはどうなのだ?」
男「?」

黒髪娘「祖父君に少しは尋ねたのだが。
 祖父君は、ほら。お年を召していられたから……」
男「あー」
黒髪娘「そちらの恋はどのようなのだ?」

男「こっちかー。んー。
 まず、男女が顔をあわせないと言うことはないな」
黒髪娘「うむ」

男「爺ちゃんから聞いたかと思うけど
 義務教育って云って、こっちの世界の日本。
 つまり大和では、平民まで含めて全員学校に行くんだ。
 えーっと、6、3で9年。殆ど全員が高校まで含めて12年」

黒髪娘「うん、聞いている」

男「男のみ、女性のみの学舎もあるけれど
 殆どは共学と云って、男女が一緒に学ぶ。
 一つの学舎に同じ年齢の子供が百人以上居ることが多い。
 学舎全体では数百人ということもあるな」

黒髪娘「ふむ」

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 02:20:22.85 ID:KmqRKDbT0
男「で、それだけ学ぶ期間が長いから
 学舎では友人も作るし、年頃になると異性に興味も出るよな。
 まぁ、なんだ。
 改めて説明すると照れくさいな。
 なんの罰ゲームだよこれっ」

黒髪娘「ん? 興味深い話だぞ?」

男「で、そういう状況で、大抵は気になる異性が出来てー」
黒髪娘「ふむ」

男「紆余曲折があるな」
黒髪娘「その紆余曲折が重要ではないかっ」

男「ぐっ」
黒髪娘「話して欲しい」
男(なんでおれは中学生の女子に圧倒されてるんだっ)

黒髪娘「ほら、丁寧に指圧するから」 きゅぅっ
男「……うう」

黒髪娘「ほら」
男「わぁったよ」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 02:23:03.89 ID:KmqRKDbT0
男「まぁ、その辺は年齢に寄るんだよ。
 幼い時――おおむね10歳前後とかは、一緒に遊ぶだけだ」
黒髪娘「ふむぅ。筒井筒か?」

男「なにそれ」
黒髪娘「幼なじみ」 きゅっきゅっ
男「ああ、それだ」

黒髪娘「それで?」
男「そっちと違ってこっちには顔を隠す習慣はないからな。
 その後もずっと一緒に学び続ける。
 あー。最初に云っておくと、こっちの世界では
 寿命伸びてるからな? 平均寿命も70超えてるし。
 結婚は25〜30位が多い。だから、恋愛のペースもずれてるぜ?」

黒髪娘「ふむ。――承知した」

男「15歳くらいになると、やっぱり異性に興味が出てくるな。
 で、みんなに隠れてこっそり二人で遊びに
 行ったりすることも覚える。
 これをデートという」
黒髪娘「それは自宅ではダメなのか?」

男「自宅でも良いけどな。まぁ、人目に触れないというか
 ドキドキがほしいんだろ。たぶんな」

黒髪娘「ふむぅ」きゅむ、きゅむ


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 02:26:27.78 ID:KmqRKDbT0
男「でも、この年齢ではあんまり
 身体を――あれだ。その“最期”ってのは推奨されないな」
黒髪娘「そ、そうなのか?」

男「こっちでは成人ってのが20歳なんだ。
 結婚も出来ないのにいたずらに
 相手とそう言うことするのは、不道徳って云う考えがある。
 まぁ、実際には17,8になれば経験してるやつも多いんだけどな」

黒髪娘「そのぅ、男殿は」
男「黙秘する」 きっぱり
黒髪娘「むぅー」

男「20前後になると、お金を稼ぐ方法も増える。
 さらに上の学舎、大学に行くやつや、職に就くやつも出る。
 そうなると二人のデートも本格的になるな。
 遠出したり、食事をしたり、プレゼントをしたり」

黒髪娘「そうか。平民でも貴族のような
 贈り物をするようになるのだな」

男「そうだなぁ。つまりあれだ。
 みんなが貴族と平民の中間みたいな世界なんだよ」
黒髪娘「ふむふむ」

男「で、その間に出会いと別れがあって。
 一人の相手のみで思いを遂げる一対もあれば
 相手を変えて恋を楽しむような人もいるわけだ」

黒髪娘「それはこちらも大差ないな」 きゅむ、きゅむ

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 02:30:03.77 ID:KmqRKDbT0
男「20を越えたあたりで、世間的には成人。
 でも、一人前と認められるのは、
 特に男は25を超えてからかな。
 そうなると思いをさだめた相手に結婚の申し込みをする」
黒髪娘「ふむ」

男「男からが多いけれど、
 女性からってのも最近はあるようだな。
 ……退屈じゃないか?」

黒髪娘「そんな事はない」

男「そか。でも、もう話も終わりだ。
 結婚しても良いな、となったら二人で両家の両親に報告して」

黒髪娘「え? そこで報告するのかっ!?」

男「ん? そうだよ。
 もちろん許婚とか、両親主導のお見合いなんて
 云うのも残っちゃいる習慣だけれど、少数だ。
 結婚は当事者二人の問題だからな。
 まぁ、場合によっては反対されたりもするけれど。
 最終的には当事者二人の決意が固ければ結婚を阻むものは、
 そうはないよ」

黒髪娘「そ……そうなのか……」

男「で、結婚する。めでたしめでたし」

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 02:33:23.65 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「想像もつかない世界だ」
男「そりゃ、まぁ。俺だってこっちの世界のことは
 見てるけれど判らないことばかりだ」

黒髪娘「……うむ」 きゅ……
男「どした?」

黒髪娘「あ。いや。すまん。さぼってしまった」きゅむっ
男「いや、それは良いんだけど」

黒髪娘「はははっ。
 いや、ちょっと空想してしまっただけだ。
 酒を頂いたわけでもないのにな」

男「……」
黒髪娘「……」

きゅむっ、きゅむっ

黒髪娘「男殿の手は、大きいな」
男「そっか?」

黒髪娘「うむ。大きい」
男「そうか」


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 03:45:09.41 ID:KmqRKDbT0
――黒髪の四阿

黒髪娘「〜♪」
友女房「ごきげんですね、姫?」 にこにこ

黒髪娘「ああ。友か。見てくれ、立派だろう?」
友女房「あらあら。これはこれは」

黒髪娘「上の兄様からだ。見事な鯛だ」
友女房「ですねぇ、美味しそうです」

黒髪娘「塩をして干そう」
友女房「お食べにならないので?」

黒髪娘「沢山届いたのだ。
 食べるのはもうちょっと小さいやつでも良いだろう?
 これはひときわ立派だから、男殿にとっておきたい」

友女房「あらあら。そうですねぇ」

黒髪娘「女房達の分もあるから、みんなで食べると良い」
友女房「それはありがとうございます」

適性
139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 03:48:29.80 ID:KmqRKDbT0
かたかた、ぱさり

黒髪娘「うん。その荷物も運んでいってくれ」
友女房「対の部屋も整いましたねぇ」

黒髪娘「男殿もいつまでも自室がないのは居心地も悪かろう」
友女房「そうですね。まぁ、この程度の調度ならば
 豪華すぎることもなく、不審なこともなく」

黒髪娘「そうかな。不調法ではないかな?」
友女房「雑色(※)だとすれば過ぎた部屋です」

黒髪娘「男殿は客人だ」
友女房「客人だとばれるとやっかいですよ?」

黒髪娘「それはそうだが……」
友女房「男様は異界のお客人です。
この世界での豪華さなどを気にされないですよ」

黒髪娘「それもそうだな」
友女房「とは言え、右大臣家の格というものがありますからね。
 ええ、この友女房が一肌脱ぐといたしましょう」

※雑色:男の使用人

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 04:09:55.08 ID:KmqRKDbT0
――男の実家

男「おろ。姉ちゃんいたの」
姉「うん、休み〜」 ぽりぽり

男「すげぇ格好な」
姉「うっさい」

男「水、飲む?」
姉「あー。ミネラルで。氷一個」

男「寒いのに」
姉「頭はっきりさせたい〜」

からん

男「はいよ」
姉「さんくー。この恩は返さないけど」
男「いーよいーよ」


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 04:12:18.92 ID:KmqRKDbT0
姉「んっく、んっく。……どうしたー?」
男「あー。いやねー。中学生くらいの娘の家庭教師を」
姉「バイト?」
男「似たようなもん」

姉「あんた教育課程いくの?」
男「いや、わかんないけど」
姉「まぁそういうの良いかもね。あんたヘタレだけど。
 一応お爺ちゃんに似て責任感強そうだし?」

男「あんまり適性ある気がしないんだけどね」
姉「そこは、ほら。庶民パワーで」

男「そうな。……でも、中学生くらいの女の子の
 考えは判らないわ、本当」

姉「あったり前じゃない。素人童貞なんだから」
男「玄人では経験済みみたいな表現やめろよっ。
 誤解を招くよっ! あちこちにっ」

姉「仕方ないじゃない。両面童貞なんだから。
 む、両穴童貞って新しくない?」
男「くわぁ〜っ」


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 04:15:13.36 ID:KmqRKDbT0
姉「まぁ子供扱いしない事ね」
男「そうなの?」

姉「女の子は成長早いのよ。
 中学生になったら女としてはもういっちょ前。
 昔なら子供産んでた年齢よ?
 子供扱いなんてとんでもない。
 童貞ごとき、のど笛食い破られるわよ」

男「こわっ!? 肉食系にもほどがあるよっ。
 んじゃ、大人扱いなのか」

姉「ばっかねー。大人扱いなんてしたら
 碌なことになるわけ無いでしょ。
 相手は中坊なんだから」

男「どうしろってのさ」

姉「ちゃんと目線会わせて相手の話聞けば?
 生徒じゃないんでしょ。
 その顔じゃ」

男「う……」

姉「捨てるなら体温覚えさせる前にしなさいよ。
 それ、最低限の男の義務だからね」

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 04:20:35.80 ID:KmqRKDbT0
――黒髪の四阿、炬燵部屋

男「これ、たまらんなぁ」
黒髪娘「悔しいがこの知恵、認めざるをえない」
友女房「さようですねぇ」

男「火事だけは気をつけないと」
黒髪娘「もっともだ」
友女房「祖父君に話を聞いて、
 いつか作ろうと計画を練っていた甲斐がありました」

男「でも良く掘りコタツなんて出来たな」
黒髪娘「うむ、驚きだ」

友女房「火鉢がありますからね。
 床下に設置して、換気と手入れさえすれば、
 後は描いてもらったとおりです。
 そもそも火闥(こたつ)といって、
 似たものはありましたからね」

男「そうなのかぁ」
黒髪娘「しかし、このふすまを櫓に掛けるという発想」
友女房「ええ、ええ……」

男「和むわぁ」


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 04:22:55.32 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「天板も便利だな。寒いのに書を読んでかじかまないぞ」
友女房「そうですねぇ。お茶もおけますし」

 ことり

男「あ。どーも」
友女房「馴染んでますね」

男「うち、炬燵ないんだよね。爺ちゃんちにはあったけど。
 そのせいか、めちゃくちゃおちつきます。はい」

友女房「お気に入りいただけましたか?」

男「もちろん。こんな部屋もらっちゃって良いんですか?」
友女房「ええ。この友女房が監督させて頂きました」

男「むちゃくちゃ感謝します。正座とかも苦手だしね。
 掘りごたつ最高だな。膝が楽だ」

黒髪娘「友、甘い物が食べたい」
友女房「そですね」

男「ああ。俺お土産もってきてる」

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 04:31:01.81 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「これは……?」
友女房「なんでしょう。面妖な」

男「あー。これ、カステラってんだ」
黒髪娘「これは……大きい」

男「一人で全部食うつもりかよっ!?」
黒髪娘「む。すまぬ。違ったのか」

友女房「これは切り分けて食べる菓子なのですね」

男「そうそう。なんか刃物ある?」
友女房「お任せあれ」

とててて

黒髪娘「……」そわそわ
男「そんなに食べたいのか?」

黒髪娘「そんな事はないっ」
男「美味しいよ。これ」

友女房「お皿ももって参りました」

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 04:59:44.79 ID:KmqRKDbT0
――黒髪の四阿、炬燵部屋

黒髪娘「甘い。なんと美味しいのだ」じぃん
友女房「これは誠に甘露ですねぇ」じぃん

男「涙ぐむほどかな?」

黒髪娘「何を言う、この黄色と茶色の美しいこと」
友女房「ええ、ええっ!」 じぃっ

男「だめ。全部食べちゃダメ」
黒髪娘「お土産ではなかったのか!?」
友女房 こくこく

男「他にも何人か居るでしょうに」
黒髪娘「う゛」
友女房「しかし」

男「しかしもなにも。みんなにお裾分け。
 お裾分けしたらまた美味しいのもってくるけれど
 お裾分けしないと二度ともってきません」

友女房「そんな」しょぼん

黒髪娘「そういえばそうだ。甘露の美味に我を忘れては
 上に立つ者としての示しもつかぬ」


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 05:05:49.00 ID:KmqRKDbT0
男「よしよし。黒髪はよい子」 くしゃ
黒髪娘「っ」

友女房(あら)

男「また持ってきてやるぞ」

黒髪娘「別に、土産目当てでもてなしているわけではない。
 男殿はいつでも我が庵の客人として歓迎する」

男「それはありがたいなぁ。別荘気分」

黒髪娘「うむ。別荘気分でくつろいでくれればそれでよい」
友女房「姫も楽しいですしね」

男「そなの?」
黒髪娘「うむ。男殿と過ごす時間は心楽しい。
 知識にすれ違いはあれ、お互い知らぬ分野の
 それがある上に、男殿はわたしを一人前の
 人間としてみてくれるからな」

男「……」

黒髪娘「話して論を戦わせられるというのは
 この上なく愉快なことだ。……蝶よ花よと
 扱われるのは、やはり寂しい」


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 05:08:31.34 ID:KmqRKDbT0
男「そういうものか?」
黒髪娘「うむ」

男「じゃぁ、今日はなんの話をする?」
黒髪娘「男はれぽをとは終わったのか?」
男「終わったよ」

黒髪娘「では、付き合え」
男「なんの話がよい?」

黒髪娘「んーぅ。どうするか」
男「うーん」

黒髪娘「?」

男「いや、話。しなきゃダメか?」
黒髪娘「どういうことだ?」

男「結構勉強、根詰めてただろう?」
黒髪娘「うむ」

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 05:13:09.18 ID:KmqRKDbT0
男「じゃぁ、しばらく茶を飲んで」
黒髪娘「うむ」

男「で、ゆっくりしろ」
黒髪娘「ゆっくりか……」

男「……」ずずずっ
黒髪娘「温かいな」

男「だなぁ」

友女房「わたしは、このカステラを女房や雑色に
 分けて参りますね。珍しい菓子だと云っておきましょう」

黒髪娘「すまぬな」
男「行ってらっしゃい」

ぽやぁ

黒髪娘「……ほぅ」
男「……」

黒髪娘「どうした?」
男「髪、見てた」

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 05:23:50.66 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「そ、そうか……。どうして?」
男「こんなに綺麗な髪は、こっちではまず見ないから」

黒髪娘「そうか……。この髪だけは藤壺の上にも
 褒められたことがあるのだ」

男「そっか」

黒髪娘「……その」
男「?」

黒髪娘「触って、みるか?」
男「良いのか?」

黒髪娘「うむ」
男「じゃ、ちょこっとだけ」 ひょいっ

黒髪娘「っ!」ひくんっ
男「びびってるじゃないか」

黒髪娘「そんな事はない」
男「そっか」


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 05:30:29.74 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「ど、どうだ? 綺麗か?」
男「うん。すごい、すべすべ」

黒髪娘「女房が毎朝とかしてくれるのだ。
 多い時は日に何度も……」

男「そうか」

黒髪娘「引きこもりゆえな。湯浴みや髪梳きの時間はある」
男「世話してもらっている間にも、本読んでるんだろう」

黒髪娘「そう言うことも、まぁ、ある」
男「やっぱし」

黒髪娘「……男殿は短いな」
男「この時代は男も長いのか?」

黒髪娘「いろいろだ」
男「そっか」

黒髪娘「……」ふわり
男「なんか、優しい顔してるな」

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 05:32:56.55 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「そうかな?」 きょとん
男「うん、良い顔だったよ」

黒髪娘「……くっ」かぁ
男「どしたんだよ」
黒髪娘「眉も描いてないのにっ」
男「は?」

黒髪娘「いや、なんでもない。油断しすぎだ。わたし」
男「よく判らん」

黒髪娘「炬燵でのぼせただけだ」
すっ
黒髪娘「ひゃわっ!」

男「おい、危ないな。髪の毛長いんだから」
黒髪娘「ううう」

男「もう少し、落ち着きなさいって」
黒髪娘「ううっ。不覚だ」


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 05:58:58.34 ID:KmqRKDbT0
――黒髪の四阿

友女房「あらあら、どうなさいました?
 燭灯も着けずに、こんな場所で」

黒髪娘「うん……」
友女房「男様は?」

黒髪娘「今日は、帰った。
 バイトとか言うのがあるらしい」

友女房「そうですか。お茶を一旦下げますよ?」
黒髪娘「……」

かちゃかちゃ……

黒髪娘「……」
友女房「どうされました?」

黒髪娘「ん?」
友女房「どうか、なされました?」

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 06:01:17.60 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「男殿に」
友女房「男様に?」

黒髪娘「髪を触られた」

友女房「なっ!? なんてことを!!
 これは気が付かずに申し訳ありませんっ。
 すぐお櫛をけずりましょうね。
 この友が清らかになるまでお梳かしします。
 それにしても男様も、男様ですっ。
 いくら異界の方とは言え、姫の髪に手を触れるなどっ。
 冗談で済ませられることではございませんよっ。
 常識というものを弁えて頂かないとっ」

黒髪娘「いや、違うっ」
友女房「ど、どうしたんですか? 姫」

黒髪娘「その……」
友女房「??」

黒髪娘「触るのを、許したのは、わたしだ」
友女房「ひ、め……?」

黒髪娘「私が、触って良いと云ったんだ」
友女房「ひょぇぇ」

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 06:03:43.04 ID:KmqRKDbT0
友女房「大丈夫ですか、お熱ですか?
 さっきのカステラに酒でも入ってたのでしょうか」

黒髪娘「いや、違うと思う……」
友女房「……」

黒髪娘「どうすればいいだろう?」
友女房「……姫。姫?」

黒髪娘「……」
友女房「いや、でしたか?」

黒髪娘「――」ふるふる
友女房「どんな感じがしましたか?」

黒髪娘「楽の音と、鳥の囀りが。
 聞こえた訳じゃないんだけど、溢れそうになって。
 どきどきして頬が熱くなって。
 ……それに」

友女房「それに?」

黒髪娘「こんなに不器量じゃなければいいのにって。
 ――泣きたくなった」

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 06:10:28.19 ID:KmqRKDbT0
友女房「さようですか」

黒髪娘「……」

友女房「姫はなぁんにも悪くありませんよ」

黒髪娘「そうだろうか」

友女房「それはもう。友が気を利かせすぎましたか」
黒髪娘「?」

友女房「いえいえ。何でもございません。
 姫は……清らかでいらっしゃるから」

黒髪娘「そんな事はない。もう15にもなる。
 塵にも埃にもまみれた、みっともない黒い鳥だ」
友女房「……」

黒髪娘「……」
友女房「さ。髪を梳きましょう」 にこりっ

黒髪娘「……ん」
友女房「今晩は温かくして寝ませんとね」

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 07:24:04.78 ID:KmqRKDbT0
――黒髪の四阿

ことん、かたん

男「んっと。ほいさ」 すたんっ
友女房「男様」

男「お。友さん」
友女房「いらっしゃいませ」

男「お邪魔します。平気そう? 黒髪は居る?」

友女房「いまはお留守にしていらっしゃいますよ。
 外せない御用事で尚侍処へいらっしゃっています」

男「ああ。仕事か」
友女房「ええ。おそらくすぐに戻ってらっしゃいますよ。
 顔を見せに、と云うか、出仕したという形式のための
 出仕ですからね」

男「そっか。待ってて良い?」

友女房「ええ、おこたにどうぞ。お茶をお持ちしますよ」
男「助かる」

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 07:27:15.49 ID:KmqRKDbT0
こぽこぽこぽ

男「寒いな」
友女房「ええ、寒さが続きますね」

男「ありがとう」
友女房「いえいえ、どういたしまして。
 しばらくご一緒して宜しいですか?」

男「もちろん」
友女房「では、失礼します」

男「ふー。温まる」
友女房「ですねぇ」

男「……黒髪は、元気?」
友女房「はい」

男「そっか」
友女房「何かありましたか?」

男「いや、なんか色々抱え込んじゃいそうな人だから?」
友女房「そうですねぇ」


179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 07:31:22.13 ID:KmqRKDbT0
男「……」
友女房「尚侍(ないしのかみ)という官職はですね。
 帝に仕えて、皇室行事を取り仕切る秘書のような役割です」

男「ふむ」

友女房「その権力は、時に大臣を凌ぎますね。
 『位人臣を極める』等と申しますが、
 女性としてはまさに最高位の官職だと云えるでしょう」
男「そう……なのか?」

友女房「ええ。もちろん何事にも例外はありますが。
 姫は尚侍としては、規格外です。
 何しろ仕事していませんからね」
男「そうだなぁ」

友女房「尚侍、尚侍所の重要な役割の一つに東宮の教育があります」
男「東宮って云うのは、確か帝の息子だろ」

友女房「そうですね。子供の頃から云うことを良く言い聞かせて
 育てるわけですから、歴代の帝でも、育ての尚侍には
 頭が上がらないことも少なくありませんね。
 内裏における影響力は絶大な物があるわけです。
 こほん。
 その。
 下世話な話をすればですね」

男「?」

友女房「察しが悪いですね」

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 07:35:46.48 ID:KmqRKDbT0
男「ごめん」
友女房「いえ、すみません。
 照れ隠しですからお気に為されぬよう。
 ――こういう事です。
 幼い東宮にそば近く接して、その心も身体も導く。
 それは、往々にして、えーと、その。
 祖父君のいうところの、その……ほら初物を」

男「童貞!?」

友女房「それです。ええ。
 それをですね、こう。シてしまうこともあるというか
 むしろそれが推奨されているというか……。
 東宮の身体を大人にして差し上げるというか。
 妃になる尚侍所の女性も少なくはありません」

男「そんなのありか−!?」

友女房「ええ。そもそも、尚侍所に娘を『あげる』というのは
 高度に政治的な問題なのです。
 もちろんその背景には政治的な闘争もありますし
 右大臣家としても後に引くわけにはいかない。
 たとえ、東宮が8歳で、姫より6つもお若くとも」

男「……」

友女房「身体のつながりが有れど、無けれど。
 姫は東宮の『もの』です。それが尚侍というものですし、
 この内裏の秩序なのです」


184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 07:55:00.98 ID:KmqRKDbT0
友女房「――なんて」 にっこり
男「え?」

友女房「まぁ、そういう俗世の噂もあったり
 無かったりするのですが、男様は異界より来られたる客人。
 内裏の事情などお気になさることもないでしょう。
 ましてやうちの姫は妖憑きの変わり者。
 東宮のお召しもあるはずもない。
 このまま庭の片隅で咲いて、
 誰見ることなくひっそり朽ちるのでしょうし。
 そのような姿は、見たくありません」

男「……」
友女房「余計なことを申し上げましたか?」

男「あのさ。俺の世界での話したっけ?
 黒髪は、今年14だよね。
 それは俺の常識では、まだ子供の部類なんだよ」

友女房「ええ、存じておりますよ」
男「だからそういう艶っぽい話はさ、まだ早くてさ」

友女房「そう思うなら、それはそれで結構かと」
男「……うう。とりつく島もない」


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 08:09:38.95 ID:KmqRKDbT0
――黒髪の四阿、炬燵の間

黒髪娘「ただいま帰参した」
男「おかえりー」

黒髪娘「寒かった。すごく寒いぞ」
男「入れ入れ」
黒髪娘「ありがたい」

いそいそ、ばふっ

黒髪娘「はふぅぅ〜」
男「温まった?」

黒髪娘「いや、まだ指先が痺れている」
男「重症だな」

黒髪娘「冬の出仕は大変なのだ」
男「この季節はなぁ。ヒートテックなさそうだし」

黒髪娘「?」
男「いや、こっちの話」

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 08:19:12.61 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「まぁ。物の怪じみた娘だからな。
 仕事らしい仕事もない。気楽と云えば、気楽だ」

男「んー」

黒髪娘「どうした?」

きゅむ

黒髪娘「らにをひゅる?」
男「いや、ほっぺた引っ張ってみたんだよ」

黒髪娘「らかや、いったひ、なんてそんな」
男「んー」
黒髪娘「むぅー」

男「突っ張ってるのかなぁ、って」
黒髪娘「う゛ぅ?」

男「仕事。出来るよな。あんだけ学んだもんな。
 漢詩も報告書も、上奏文だって律令だって
 何でもござれでしょう?」
黒髪娘「……」

男「身につけたもの、使いたくないなんて変じゃない?」

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 08:28:36.31 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「……」じぃっ
男「三白眼で睨んでも、普段可愛いんだから意味ありません」

黒髪娘「う゛ぅー」
男「ぷぷっ」

黒髪娘「いいかけん、はらさるかっ」
男「ほいほいっ」

黒髪娘「ふむっ……。そのようなことを」
男「気を張り過ぎなんだよ」

黒髪娘「内裏に云っていたのだ。多少は気を張らねば、
 どのような政争に巻き込まれるか知れたものではない」
男「そりゃ、そうか」

黒髪娘「……それは、わたしだって」
男「……」

黒髪娘「学んだ物を、試したい気持ちがないわけではない」
男「うん」

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 08:36:12.39 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「しかし、この身は女だ。
 ……望むと望まないとに関わらず。
 内裏で女が仕事を為そうとすれば方法は二つしかない。
 何らかの閥を率いて、邪魔者を廃するための
 権力工作を常にしながら事を為すか、
 東宮か帝にはべり、その愛妻、愛妾として
 権勢を振るうか……。
 多分、私にはどちらも無理だと思う」

男「そっか」

黒髪娘「不器量だからとかではないぞ?
 いや、その。もうちょっと目鼻立ちが
 整っていればよいとは思うのだが」

男(現代美少女ですからな。きみは)

黒髪娘「性格として、受け入れがたい。……のだと思う。
 あるいは無駄な矜持か、こだわりなのかとも思うのだが
 それは自らが身につけた学識ではないような気がするのだ」

男「……」

黒髪娘「どうも釣り合いが取れていないのだ。私は」
男「……そっか」

黒髪娘「考えても仕方ないだろう」
男「そだな」


195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 08:55:39.77 ID:KmqRKDbT0
――黒髪の四阿、炬燵の間

黒髪娘「……昴は船乗りの星にて」こくっ
男「眠そうな」

黒髪娘「う……む」こくり
男「寝れば?」

黒髪娘「しかし、うむぅ……」
男「どうしたのさ?」

黒髪娘「部屋に戻るには炬燵から出る必要がある」
男「当たり前だな」

黒髪娘「寒い」
男「うん」

黒髪娘「……寒いではないか」
男「ここで寝たらダメだぞ? 事故があるかも知れないし。
 火事なんてまっぴらだろう? 低温火傷も怖い」

黒髪娘「そうは云うが……」
男「仕方ないなぁ。友さーん。友さーん」


196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 08:58:49.61 ID:KmqRKDbT0
友女房「はい、なんでしょう?」

男「黒髪が寒がって動かないから。
 ここに褥(しとね)と、掻巻(かいまき)※かなんか
 持ってきて貰える?」

友女房「判りました」
黒髪娘「これでは子供みたいだ」
男「寒いから動きたくないなんて
 子供のようなことを云うからだろう?」

黒髪娘「そうは言ったって」
男「じゃ、部屋に引き上げるか?」

黒髪娘「寝ている間に男が帰るのは……不本意だ」
男「別にそれはないけどさ」

きぃ、ふぁさん

友女房「寝具の準備が整いましたよ」

黒髪娘「む」
男「どうする?」

黒髪娘「せっかくだから、今宵はここで」
男「ふっ」
黒髪娘「馬鹿にしないで欲しいのだ」

※褥(しとね)と、掻巻(かいまき):平安時代の寝具
 麻などで作られた敷き布団と、袖のついた掛布団


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 09:12:59.78 ID:KmqRKDbT0
男「温かいか−?」
黒髪娘「うむ、期待以上だ」

男「おっと。爪先を炬燵に突っ込むのは禁止だぞ」
黒髪娘「そうなのか?」

男「ちらちら見えるだろ」
黒髪娘「なにがだ?」 きょとん

男「うるせぇ。禁止だ」
黒髪娘「横暴だな」

男「いいのっ。禁止」
黒髪娘「判った。
 ところで……男殿は、何を読んでいるんだ?」

男「持ってきた本。勉強してるの」
黒髪娘「なにを?」

男「料理の基本」
黒髪娘「男殿は庖丁(料理人)なのか?」

男「違うから勉強してるんだよ」

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 09:17:04.32 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「未来の料理か……。
 いつも美味しい土産を頂いている」
男「んー。気にしないでくれ。たいした物じゃないからさ。
 そもそも、ここで結構飯とかご馳走になってるし」

黒髪娘「ここで供されるのは、ありふれた物だ」
男「あの菓子だって、向こうではコンビニに
 売ってる程度の物だよ」

黒髪娘「こんびに?」
男「ああ。えっと、街のあちこちにある商店だ」

黒髪娘「そうか。何が売っているんだ?」
男「飲み物、食べ物、菓子、本」
黒髪娘「本が売っているのか!?」

男「コンビニに売ってるのは漫画や雑誌がせいぜいだけどな。
 本は専門の本屋に売っていて、たいがい本屋ってのは
 一つの街に一つや二つはあるな」
黒髪娘「そうなのかぁ」

男「布団に入ったら元気だな」
黒髪娘「う」

男「眠くないのかー?」
黒髪娘「少し眠気が去ったのだ」


201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 09:26:04.04 ID:KmqRKDbT0
男「なんだよ、構って欲しいのか?」
黒髪娘「話し相手になって欲しいのだ」

男「素直だな」
黒髪娘「わたしは率直だ」

男「そっか。そういやそうだな」

黒髪娘「男殿の世界では、女も学問を修められるのだろう?」

男「ああ、そうだな」

黒髪娘「学識や技芸をもって宮仕えも叶う」
男「公務員とか、会社員とかな」

黒髪娘「そうか。……ふふふっ」にこっ
男「どした?」

黒髪娘「良い世界だな。
 ――そんな世界、早く……来ると良いなぁ」

男「……」


202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 09:29:54.36 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「ん?」
男「あのさ」

黒髪娘「うむ」
男「……」

黒髪娘「どうしたのだ」
男「……っ」

黒髪娘「なんだ。変な顔をして」

男「なんでもない。1分くれ」

黒髪娘「……」
男「……」

黒髪娘「?」
男「……あー」

黒髪娘「?」

男「黒髪の。髪の毛、触りたい」
黒髪娘「――え」


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 09:42:23.30 ID:KmqRKDbT0
男「ダメかな?」
黒髪娘「……駄目……じゃない」

男「触るな?」

さら……さら……

黒髪娘「……うぅ」
男「手触り、良いな」

黒髪娘「あの……ど……どうし……男殿は……」
男「ん?」
黒髪娘「なんで、髪を……」

男「あー。んー。……触りたかったから」
黒髪娘「そ、そうか」

さら……さら……

男「豪華な感じ。……宝物みたいな」
黒髪娘「褒められたみたいだ」

男(なんか、いろいろこだわりとか倫理観とか。
 越えちゃってるよな。この髪の感触も、気持ちも)

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 12:21:33.12 ID:KmqRKDbT0
――黒髪の四阿

友女房「姫〜。ひーめーっ」

がたっがたたっ

黒髪娘「どうしたのだ?」

友女房「文ですよっ。藤壺の方から」
黒髪娘「……珍しい」

友女房「遅くなってはいけませんから」
黒髪娘「……梅の香」

友女房「あらあら。まぁまぁ。寒中梅でございますね」
黒髪娘「むぅ……」

友女房「なんで困りますか。
 雅やかな心遣いではございませんか」

黒髪娘「こういうところが隙がない。困る」
友女房「そういうものでございましょうかね」

黒髪娘「……うー」
友女房「なんと?」

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 12:27:02.04 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「……歌会の誘いだ」
友女房「さようですか。これはまた」

黒髪娘「……」
友女房「何かあるので?」

黒髪娘「形勢を明らかにしないわたしを
 哀れにおもってくださったのであろう」
友女房「……」

黒髪娘「このままでは私に風あたりが強くなりすぎると
 そう考えてくださったのではないかな」
友女房「さようですか」

黒髪娘「……」

友女房「お返事はいかがいたしましょう」
黒髪娘「……」

友女房「しばらくお考えになられますか」
黒髪娘「そうする」

友女房「姫の良いように」

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 12:48:15.19 ID:KmqRKDbT0
――夕刻

ごとん、とさっ

男「ふぅ。到着、っと」
黒髪娘「男殿」

男「お。黒髪。お出迎えありがとう」
黒髪娘「出迎えたわけではないが。
 しかし、男殿を迎えられると気持ちが暖まる」 にこっ

男(うわ。……すげぇ可愛い。
 やばいな。この間髪触ってから、
 どんどん可愛く見えるよ。
 病気だぞ、これ……)

黒髪娘「どうした? 寒かろう?」
男「おう」

黒髪娘「丁度昼餉だ。いま友に云って用意させる」

男「へぇ、何食べるの?」

黒髪娘「雑煮だ。餅なのだが……。
 餅は食べれるだろう?」

男「おー。大好きだぜ」

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 12:53:32.61 ID:KmqRKDbT0
――黒髪の四阿、炬燵

友女房「さぁ、どうぞ」

黒髪娘「頂こう、男殿」
男「ああ、頂きます。ん。美味しいな」

黒髪娘「温かいなぁ」
男「……お、雑煮は魚なんだ?」

友女房「鯛で出汁を取らせて頂きました」

黒髪娘「餅はそれで良いのか?」
男「おう、とりあえず二つでな」

黒髪娘「んぅ……」
男「お、すごく伸びてるな」

黒髪娘「……ん。んく……。
 そんなにじろじろ見るものではないぞ」

男「そっか」

友女房「美味しゅうございますか?」

男「ええ、ばっちりですよ」

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 12:57:59.56 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「うぅ。美味だ。私は雑煮は大好きだな」
男「カブの葉が美味いよな」

黒髪娘「そちらでも食べるのか?」
男「もちろんだ。味噌汁とかにもいれるぞ」

黒髪娘「うむ。煮るのも旨いな。ひたしもよい」こくり
男「……」 じぃ

黒髪娘「ん? どうした、男殿」
男「いやいや。なんでもないよ」

黒髪娘「?」
男(一瞬見とれたとか、いえねぇし)

黒髪娘「……ふぅ」
男「どした?」

黒髪娘「ん? いや。んー」ぽて
男「??」


223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 13:07:54.83 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「お腹がいっぱいで、温かい炬燵。
 駄目になってしまいそうだ」

男「多少駄目になっておいた方がいいよ」
黒髪娘「そうかな」

男「そう思うね」

黒髪娘「男殿」
男「ん?」

黒髪娘「……掌を、借りれるだろうか?」
男「いいけど」

黒髪娘「額に」
男「ん……。うん」

黒髪娘「ああ……」
男「どうしたんだ?」

黒髪娘「温かくて。嬉しい」 くすっ
男「そか」

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 13:19:07.16 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「……」
男「寝ても、構わないぞ」

黒髪娘「眠いわけではない」
男「そなのか」

黒髪娘「私が、男殿の半分ほどでも
 他人を思いやって気を遣える性分であったならなぁ」

男「なんだそれ」

黒髪娘「いいや。……うん」
男「何かあったんだろう? 云ってみろよ」

黒髪娘「……歌会の誘いがあってな」
男「ふむ。パーティーか」

黒髪娘「私の立場もかなり厳しいのだ。
 藤壺様がそれに気遣って誘ってくださった」

男「藤壺様って云うのは、良いやつなのか?」

黒髪娘「ああ。世話になっている。
 心遣いの細やかなたおやかな方だ。
 今上帝の寵をうける妃の一人なのだ」


227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 13:31:53.62 ID:KmqRKDbT0
男「で、何を悩んでいるんだ?」

黒髪娘「そんなわけで藤壺様は後宮では
 大きな存在感を持っているが、唯一ではないのだ。
 妾妃はひとりではないからな。
 私を呼んでくださるのは嬉しい。
 私は確かに引きこもりの出不精だが
 呼んでくださるのならばはせ参じるくらいのことはしたいのだ。
 ……しかし、私は気も遣えない不調法物だし
 他人の言葉を上手に受け流すことも出来ないし……」

男「そうか? そんなに気にしなくても良いかと思うけど」

黒髪娘「そうはいかない。
 宮中では目に見えない諍いや政争が続いているんだ……。
 私が参加してみっともないところを見せれば
 それは、藤壺の方の恥にもなってしまう」

男「ん〜」

黒髪娘「私が恥をかくのは、かまわない。
 どうせ物の怪憑きの引きこもりだから。
 でも、誘って下さった方に恥をかかせるのは
 忍びない……」

男「断れないの?」


228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 13:35:23.08 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「それは、出来る」
男「そっか」

黒髪娘「……でも、藤壺様は、お悲しみになるかな」
男「……」

黒髪娘「いつも断ってきたんだ」
男(――本当は、行きたいんだな)

黒髪娘「……」
男「なんだ、手のひら気に入ったのか?」

黒髪娘「落ち着く」
男「へこんでるな」

黒髪娘「そういうことではないんだが」
男「?」

黒髪娘「なんでもない。……私の顔をじろじろ見るな」
男「へいへい」

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 13:41:01.05 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「んぅ……」
男「あのさ」

黒髪娘「うん」 くてっ
男「出ろ、って云ったらどうする?」

黒髪娘「男殿が?」
男「うん」

黒髪娘「……」

男「確かに責任は重大だけどさ。
 黒髪がそんなに駄目だってのが、
 ちょっと想像できないんだよな」

黒髪娘「……私は本当に不器用なのだ。癇癪持ちだし」
男「癇癪持ってるのか?」

黒髪娘「うん。――やっぱり、悔しいとつらい。
 私を人間としてみてくれない人には、優しくできない」
男「それは癇癪じゃないと思うけど」

黒髪娘「そうかな……」


230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 13:44:02.93 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「男殿は、出た方が良いと思うか?」
男「ああ」

黒髪娘「……」
男「思うんだけどさ。あんまり一人で戦う必要も
 ないんじゃないか?」

黒髪娘「え?」

男「友さん何回か云ってたよ。“右大臣家の格”とか。
 “姫様の名誉”とかさ。それって、つまり名前だよな」

黒髪娘「名前……」

男「あー。よく判らないけどさ。
 そういうのってチーム戦なんじゃないのかな。
 現場に行って恥をかくか恥をかかないかは、
 黒髪の腕もあるけれど、優秀な女房が居るかどうかにも
 左右されるんじゃないの?」

黒髪娘「それは……。確かにその通りだが」

男「友さんって、出来るんじゃねぇの?」

黒髪娘「……う」

男「投げちゃっても良いんじゃないの?」

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 13:46:45.76 ID:KmqRKDbT0
黒髪娘「男殿……」
男「手を貸すからさ」

黒髪娘「男殿も?」
男「うん」

黒髪娘「なぜっ?」
男「そんなにびっくりするところか?」
黒髪娘「祖父君はそんな事は言わなかった」

男「爺ちゃんと俺は違うよ。
 爺ちゃんは、ここに来たことを……
 多分、黒髪に何かを教えるためだと思ってたと思う。
 黒髪が余りにも希っていたから」

黒髪娘「……」

男「でも、俺は違うからさ」

黒髪娘「……うん」

男「俺としては、もうちょっと
 格好良い引きこもりが見たいんだよ」

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 15:10:15.58 ID:KmqRKDbT0
――『和名類聚抄』より

穀類では、稲類、麦類(大麦、小麦、カラスムギ)、
アワ、キビ、ヒエ。主食は米。小麦はうどんのように
して食す。
豆類は、大豆、小豆、クロマメ、ササゲ、エンドウマメ。
イモ類には山芋やクワイ。
野菜は瓜類各種、蒜類(ねぎ、にら、にんにく)、
水菜類(せり、ジュンサイなど)、
園菜類(アオナ、カブラ、タカナ、カラシナ、フキ)
野菜類(ナスビ、アブラナ、ワラビ、ゴボウなど)
草類(ウド、イタドリ、蓬、ユリなど)
蓮類、葛類、たけのこ、タラノメ、ククタチ、キノコetc。

動物性蛋白の補給源としては、魚介類が中心であった。
近海魚は殆ど今日の日本と変わらない物が食されており
庶民は鰯やあじなど。貴族においては鮎や鯛が珍重された。
また貝の類、海草などの水産物が大いに食べられた。

動物も多量にではないが、ヤマドリ、ハト、カモ、ウズラ
またクマ、カモシカ、タヌキ、イノシシ、ウサギなどが
食用として記録に残る。鶏も唐から輸入されたが、卵は
薬用として用いられた。

果実は主に桃、スモモ、ウメ、カキ、タチバナ、梨、
ザクロ、ビワなどが……


243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 15:15:14.61 ID:KmqRKDbT0
――男の実家

男「なんだなんだ。結構食材豊かだな。
 もちろん輸送の関係で、いつでも食べられる
 訳じゃないんだろうけど。結構あるじゃん」

男「味付けは……」

ぺらっ

男「基本的には、基本は塩と酢か。酢は米酢なのか?
 そのほかに、醤(ひしほ)、味醤(ミソ)。
 大豆に小麦の麹か。塩分は低そうだなあ。
 そのほか、わさびは、あると」

男「あ−。……そゆことね。
 砂糖がないわけだ。そんであんなに
 美味しい美味しい云ってたのか。
 砂糖、砂糖……砂糖の歴史ってなんの本に載ってるんだ?
 Wikiりゃでてくっか?」

男「砂糖は……奈良時代に輸入。当初は薬用。
 ふむ……サトウキビの栽培は江戸時代か。
 こりゃ、到底手に入るわけもないな。
 いんちきで、黒糖持って行っちまうか」

男(許されないのかも知れないけどなー)

男「まぁ、その辺俺は爺ちゃんとは違うし?」


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 15:21:08.64 ID:KmqRKDbT0
がちゃ

姉「あら。あんたいたの?」

男「あー。んー。いたよ。ちっと台所使ってる」
姉「なに」

男「いや、ゲル化実験?」
姉「料理してるだけじゃん」

男「まぁね」
姉「ふぅん」

くつくつ、くつくつ

男「……」
姉「ミネラルウォーターとって」

男「はい」 きゅぽ
姉「ん。あんがと」

男「庶民は水道水じゃない?」
姉「ビールの代わりなの」


247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 15:24:31.23 ID:KmqRKDbT0
男「言いたい放題無敵キャラな」
姉「これくらいの強度ないとね。荒くれ者どもの
 リーダーはつとまらん!」
男「Aチームかよ」


姉「うはははは! ははっ。そういえば……例のさあ」
男「?」

姉「例の中学の」
男「ああ」

姉「どうなった?」
男「なんでそんな事聞くのさ?」
姉「聞いた方が良いから」

男「なんで?」

姉「まぁ、なんだかんだ云ってさ。
 あんた、出来の良い弟だし?
 あたしより高給取りになりそうだしさ。
 ……姉ぶりたいのよ」

男「……そっか」
姉「白状なさいよ。あんた最近、むちゃくちゃ
 勉強とかしてるじゃん。バイトも詰め込んでるし」

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 15:28:38.74 ID:KmqRKDbT0
男「うん、覚悟決まった」
姉「へぇ……」にやにや

男「話すのやめた。中止〜」

姉「ちょ。待った待った! もう茶化さないっ!!
 教えてよ。ねぇってば」

男「だから、覚悟決まったって」
姉「へぇ。どんな娘? 可愛い? 美少女?
 チチの大きさどんなもん? まさかあたしより
 でかくないでしょうねっ」

男「すげぇ、頑張り屋さんだよ」
姉「……おやおや。なんか父性じみたこといっちゃって。
 もうちゅーしたのか? あん? この童貞。うりうり」

男「してませんー」
姉「なんだよ。チキンだな。ゴム無かったのか?」

男「そういうんじゃないわけ」
姉「覚悟決まったんでしょ? 条例を突破する
 覚悟とか。アグネスを敵に回す覚悟とか。
 上野千鶴子あたりから朝まで精神攻撃受けたりして」

男「いや、もうマジ姉ちゃんキツイす」
姉「なーによ〜」


251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 15:34:42.34 ID:KmqRKDbT0
男「そういうんじゃないくて。頑張り屋だからさー。
 覚悟決めて、助けて上げなきゃなぁ、と」
姉「わお。なんだ。らぶじゃないのかー。家庭教師路線?
 てっきり彼女にして調教飼育するのかと」
男「そうじゃないって」

姉「でもあんたねー。子供だからって女は女なの。
 そういう態度ってすげぇ、傷つけると思うよ?」

男「傷つけるとこも含めて。覚悟決めたって事」
姉「……」

男「傷つく覚悟も決めたし。
 それで、まぁ。なんか色々あって。
 ……そういう未来もあれば、それはそれで、善し。かな」

姉「……難しい娘なんだ?」

男「難易度SSだね」
姉「あんたそれローマの休日クラスだから」

男「うっは。まさにその難易度だわ。弾幕で画面見えない系」
姉「ふぅん。よく判らないけど。……いいわね」

男「……ん?」
姉「まぁ、いんじゃない? 一回くらい。
 ……そういうの。一回くらい賭けてさ。しないと。
 人生生きてる意味なんてさ、無いのかも知れないし。
 いいんじゃない? あたしは。
 そういうの悪くないと思うよ」

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 15:56:39.36 ID:KmqRKDbT0
――黒髪の四阿

友女房「ええ、その箱はこちらへ。
 えーい、それは絹ですよ!? もっと丁寧に運びなさい。
 真珠は文箱です。間違えてはなりません」

黒髪娘「あの」
友女房「姫はそこで黙って座っていて下さいっ」

黒髪娘「う、うむ」
友女房「襲は何にいたしましょうね。
 右大臣家の名にかけて、仇やおろそかな衣装で
 歌会に出るわけには参りませんが。
 この衣装の色合いこそ最初の関門。
 一遍の落ち度もあってはなりませんっ」

ごごごごっ

黒髪娘「いや、友? そこまで殺気立たなくとも……」

友女房「紅梅匂ですかね。柳桜……いや、もう一目華やかに
 樺桜と云う手も。しかし人妻ではない乙女ですからね。
 乙女で14であると。
 ……我が姫の異能はその才気と知性ですから」

黒髪娘「……わたしは異能者だったのか」

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 16:00:02.61 ID:KmqRKDbT0
友女房「成熟した、しとやかな色気。
 そして乙女の清らかさ。
 しかしそれらはすべて内側から照らしにじむような
 知性を基調として表現されなくては。
 そうですね……。
 やはり、基調は春ですから梅、桜。それに知性の藤色」

黒髪娘「藤壺の君が、藤は使うであろう」

友女房「では、表着は藤色を避けて、
 胸元から覗かせましょう。薄色と紗の梅を合わせ
 扇には、緑柱石の勾玉をっ!」

黒髪娘「すごい張り切り様だな」

友女房「あたりまえでございますよ。
 姫様がとうとう藤壺の君の宴へと参加する。
 おつきの女房としてこれほど晴れがましいことは
 ございませんですよっ」

黒髪娘「そ、そうか」
友女房「ええ。かくなるうえは、どんな手段を用いても
 準備万端、万事遺漏無きよう整えさせて頂きます」

黒髪娘「むぅ」
友女房「後は、お化粧ですね」

黒髪娘「そ、それは……」 きょろきょろ

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 16:12:16.78 ID:KmqRKDbT0
がたんっ

男「化粧はいいんじゃね?」

黒髪娘「男殿っ」
友女房「男様、いらしてたんですかっ?」

男「うん。まぁ、紅をさすくらいはしないと
 まずいけれどさ。黒髪は、黒髪じゃない。
 化粧して誤魔化すのも、面倒だろう?」

黒髪娘「……」 こくん
友女房「しかし、それでは……」

男「いや、考えたんだけどさ。
 今さら手のひらを返して『普通の姫君』やったって
 もう高得点は狙えないだろ?
 こんだけ引きこもりもしてれば、
 トンデモ噂だって流れちゃってるんだろうし。
 いまから一夜漬けで話し方だのなんだの
 仕込んでもそうそう上手くいきゃしないよ」

友女房「それはそうかもしれませんが」

男「黒髪は、黒髪のまんまでいいって。
 正面突破で。黒髪は、黒髪の積み重ねてきたもので
 それだけでみんなを振り向かせないと」

黒髪娘「男殿……」

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/20(水) 16:14:51.49 ID:KmqRKDbT0
男「信じないとさ。自分の姫だろー?」
友女房「それはそうですが……」

男「それとも、自信ないのか?」

友女房「いえっ。確かに姫様は変わり者ですが
 その賢さ聡明さ、そして優しい心根だけは
 どこに出しても恥じる事なき、最高の主でございますっ」

男「だってさ」
黒髪娘「……友も、ありがとう」
友女房「もったいないお言葉です」

男「まぁ、実際それ『だけ』って云うわけには
 行かないからさ。幾つか仕込みはするんだけど」

黒髪娘「仕込み……?」
友女房「仕込み、ですか?」

男「うん、だから衣服を整えるのは重要だ。
 それから参加するメンバーも調べてくれ」

黒髪娘「判った。何か意味があるのか?」
男「賢いんだから、脳みそ使わないとな」

黒髪娘「やってみる」 こくん

転載元
黒髪娘「そんなにじろじろ見るものではないぞ」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263845870/
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1264236955/

※誤字や内容でおかしい部分は独自の判断で修正させて頂いています

黒髪娘「そんなにじろじろ見るものではないぞ」
      漆(完)
posted by 月夜見(けん) at 21:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。